2019年05月06日

水島治郎・君塚直隆編『現代世界の陛下たち』を読んで

『現代世界の陛下たち』という本を読みました。

やはり、天皇陛下の代替わりがされるということで、”君主”というものの存在をあらためて問い直すべきだと考えたので...

この本では、現在生き残っている君主たちのうち主な国、すなわち、イギリス,ベルギー,スペイン,オランダ,日本,タイの各君主を個別に章ごとに取り上げて論じ、さらに全般的な総括を行っています。

現代世界の陛下たち:デモクラシーと王室・皇室
現代世界の陛下たち:デモクラシーと王室・皇室


一番、有用な情報としては、現在、君主制を取っている国は全国連加盟国のうち約5分の1に過ぎないが、その多くが豊かな国であるということです。

以下、引用してみます。

現在の世界には、君主が常駐している君主国が二八ヵ国あり、エリザベス女王が君主を兼ねる英連邦王国を併せると、四三ヵ国が君主制を採っていることになる。しかしこの数は、二〇一八年現在で国際連合の加盟国が一九三ヵ国ある現状では、決して「多数派」とは言えないだろう。


掲げた表は国際通貨基金(IMF)が作成したの二〇一五年の「国民一人あたりの国内総生産(GDP)」のランキングである。一位のルクセンブルクから三〇位のバハマまでの間に、なんと一三の君主国が入っている。これに先に紹介したイギリス女王が君主を務める英連邦王国を含めると、一七ヵ国が君主国ということになる。


第二次大戦後の「社会福祉先進国」と言われるノルウェー、スウェーデン、デンマークはいずれも君主国であり、近年「世界で一番幸せな国」との評判が高いヒマラヤの小国ブータンも君主国なのである。


GDPランキングトップ30の国のうち、形式的だとはいえ、約半分強が君主国だという事実...

この事実は、君主なき共和制国家は、政治的安定性に欠け、また、富の分配において品の無さにつながりがちになるのかな、と私は考えました。

いわば、経済には、というより経済にこそ、”ノブレス・オブリージェ”の考え方が必要なのではないのかな、と。

イギリスやタイの王室は各種慈善活動に熱心であり、また利益の出ない公益的な支出にも積極的だともいいます。

であれば、君主一族というものこそ、トリクルダウンを実践する主体となっているとも言えます。

民間出身の成金は、代々続く大富豪の家柄は別として、一般に、合理的・経済的な金銭の使い方をどうしてもしてしまいますからね。

つまり、基本的に無駄使いをしない、もしお金をたくさん使うにしても自分の興味のある範囲に絞って、みたいに。

でなければ、大富豪には成れなかったわけですから...

というわけで、まとめとしては、世界を視野に入れて投資を行うときに参考になるのは、君主制国家に投資するのがリスクが小さくリターンもそこそこ高いものが期待できるのではないかと、ふと気づいたものです。








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

『世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン』を読んで...

川口マーン恵美著『世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン』を読みました。

著者はドイツ在住で、学生時代以来スイスもちょくちょく訪れてきたという方です。

世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン (講談社+α新書)
世界一豊かなスイスとそっくりな国ニッポン (講談社+α新書)

スイスの国民性、政治・経済事情、日本との比較論など、勉強になることがたくさん書いてありました。

私は、”スイスグローバルリーダーファンド”という投資信託を保有しているので、特に参考になりました。

以下、有用だと思うところを引用して紹介します。

スイスにとっても日本にとっても輸出は重要だが、日本の貿易依存度は低い。二〇一三年の数字を見ると、GDPに占める輸出依存度は、たったの一四・五%……これは先進国ではアメリカの九・五%に次ぐ低さだが、スイスは三一・七%だ。ちなみにお隣の韓国は四二・九%にも上る。


スイスの輸出産業のトップは化学・薬品で、第二位が精密機械・時計、第三位は機械だ。どれをとっても、研究や技術、そしてイノベーションの能力が問われるものばかりだ。


ユーロ圏の財政破綻国が、ドイツの主導する経済政策によって支配されるようになって、すでに久しい。しかし、そのおかげで経済状態が好転した国はなく、かといって、政策を見直すことも許されず、多くの国がすでに何年も苦境に喘いでいる。ドイツ経済が独り勝ちといわれるほど好調であるのは、ドイツにとってはユーロがそもそも安い通貨であるためだ。言い換えるなら、ドイツの輸出は安いユーロに守られている。


スイスの輸出の六割近くがEU向きで、取引はほぼすべてユーロ建てになっているということを考えれば、これからもスイスの苦しい状況は続きそうだ。


日本よりも貿易依存度、それも輸出依存度の高いスイス...

南欧諸国の経済不振とスイスフラン高は、これからもスイス経済が苦戦しそうなことを想像させます。

しかし、スイスはひとり当たりGDPが日本よりも高く、スイス人の生活水準は高いそう。

スイス人は、ドイツ人にいわせれば金遣いが荒い。田舎の話はさておいて、チューリヒにせよ、ジュネーブにせよ、ベルンにせよ、とびきりの金持ちが多いことは確かだ。収入はそれなりに高く、ドイツで新卒の技術者の月給が二五〇〇ユーロ(約二九万円)だとすると、スイスは四五〇〇スイスフラン(約四七万円)というから二倍近い。


また、勤勉でなスイス人は、ベーシックインカムに関する国民投票に次のような反応を示したそうです。

投票の結果、ベーシックインカム案は約七七%の高率をもって否決された。


日本よりもこじんまりとしていて民主主義が徹底している国で工業化や近代化の最先端をいってきたスイスは、生活水準の高さを維持し続けようとする国民の意志とEUへの対応の板挟みになる度合いが強いな、と思いました。

EUからの出稼ぎ労働者の問題やEU経済の迷走により翻弄される困難な時代がやっても来るわけで、これからのスイス経済を順調には進展させていかないようです。









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

先週(1/7〜1/11)の売買状況

先週の売買状況を報告したいと思います。


売却銘柄:

ソフトバンク(8058)
購入日と株数:12月14日×200株,12月19日×200株
購入平均単価:1,419円
購入総株数:400株
売却日と株数:1月9日、全部売却
売却単価:1,432円
譲渡益税:867円
純利益 :+3,738円


購入銘柄:

ソフトバンク(8058)
購入日と株数:1月10日×200株
購入平均単価:1,402円
購入総株数:200株



先週は、総じていえば、日経平均株価は大幅に上昇しましたね。

私のポートフォリオは年末〜年始の下げでかなり傷んでおりまして、ほとんどの銘柄はじっと塩漬け状態で待つしかない状況にとどまりました。

そんな中、ソフトバンク株をいったん売って買い戻す機会があり、それを実行しました。

買い戻した株数は売る前の株数と同じではありませんが、買付平均単価は1,432円→1,402円へと下げることができました。

金曜末時点では買い戻したときよりも上がってますし、大手通信株ですから倒産も急激な業績悪化もなく、また孫さんは携帯料金の値下げの予定はないと名言していることから安心しています。

基本的には長期保有でいきたいと思います。







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☔| Comment(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村