2018年05月25日

東天紅の株主総会に行ってきました

昨日、東天紅さんの株主総会に行ってきました。

10時開会で円滑に進行し、約30分ほどで完了しました。

ただし、株主からの質問の場では厳しい意見が出ました。

「業務計画での業績達成目標とはいつも乖離しているのは経営が弱いのではないか?」といった意見です。

確かにその通りで、この会社さんは、かつての華やかかりし頃のイメージが経営者の頭の中にまだ残っているのかな?、的な楽観的な見通しを持って経営してきている感じがします。

今期は久しぶりの復配ということで、そのこと自体は喜ばしいことではありますが、いかんせん、当期に上げた利益を上回る配当金総額は今後に懸念を感じさせます。

それでもまあ、ここ2年ほどは復調の兆しが見えるので、あと数年はガマンというところでしょうか...

なお、おみやげはいつもの月餅でした...

toutenkou.jpg

いつも徒歩圏内で総会に行ける自分としては、まあ、これは丸儲けというか、数少ない利得です。

でも、ちょっと重いんだよなぁ。マズくはないんだけど...








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

ローソンの株主総会に行ってきました

昨日、有楽町の国際フォーラムで行なわれたローソンの株主総会に参加してきました。

おみやげはQUOカード¥2,000円ぶんでした。

lawson.jpg

総会のなかで説明があり、交通費兼昼食代として位置づけているのだそう。

この他に、コーヒー(ホット、アイス)とオレンジジュースの1杯サービスがありました。

総会は、最初は、会社側からの監査報告や業績説明などがあり、着々と進行してました。

ただ、株主からの質問コーナーになると、不満を訴える株主さんが4〜5割いらっしゃいました。

株価の低迷(特にライバル企業と比べての)、銀行業参入に対する厳しい指摘(遅い、手遅れ等といった意見)、経営戦略が抽象的で具体性に欠ける、中国ビジネスがいまだに赤字(参入は1996年)であること、などに納得がいかない方が多数いらっしゃっるようです。

確かに配当金は今年増配(年間2円50銭)するものの、1株当たり利益は減っているわけで、来期以降に懸念がなくもないですね。

私も今回の総会に出席してみて、そしていまの業績と現在提示されている経営戦略を受けとめてみて、積極的に持ち続けようとは思えなかったです...

株主さんの一部が御指摘されていたように、経営者に魅力的な将来のビジョンを描く能力が欠けているということが言えるかもしれない...

また、高齢者や女性にやさしい便利なコンビニを目指すとされていますが、若者がなおざりにされている気が少ししないでもないかな。

セブンイレブンなんかアイドルグループの乃木坂46と提携したりしていますが、そういうのが無いですよね。私が乃木坂46のファンだから、というのではありませんが...

あらためて考えてみると、私が住んでいる最寄り駅の御徒町界隈でも、セブンイレブンの店内の活気に対して、ローソンは少し、シーーンとしているような雰囲気を感じます。

やっぱり株価が冴えないのは正しい市場の評価なんだな、とも思いました。







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

副島隆彦氏の予言は当たるのか?

2月9日の記事で紹介した副島隆彦氏の『銀行消滅、新たな世界通貨へ』ですが、銀行の店舗の減少と仮想通貨への流れというこの著作のメインテーマとは別に気になる箇所があります...

今年の前半の”世界スケジュール”はもう決まっている、という予言を氏はしているんです。

以下に引用してみます...

米軍の北朝鮮爆撃は2018年4月だ、米・中・ロの3大国は1カ月で片づけるだろう。もしかしたら、金正恩はプーチンが引き受ける形でロシアに亡命させるのではないか。このように副島隆彦は、今年の4月に予言しました。この“第2次朝鮮戦争”は、限定的に「管理された小さな戦争」(マネイジド・スモール・ウォー managed small war)です。北朝鮮を公然と支援する勢力や、大きな国はありません。北朝鮮は孤立している。


“第2次朝鮮戦争”は世界スケジュールとして起きる。北朝鮮への国際社会の一致した決意として強制執行活動(フォース・メジュール force majeure)として実行される。


2018年2月に、韓国で平昌冬季オリンピックがある。3月には、中国で全人代(全国人民代表者会議)が開かれる。ここで国家体制としての指導部が正式に承認される。だからその次の4月なのである。そのあと6月14から7月15日まで、ロシアでサッカーのワールドカップがある。このように世界スケジュールは決まっている。


氏の言うとおりだとすると、来月4月は大変なことに...

株式相場は猛烈に上か下かのいずれかに動く(たぶん、暴落?)だろうし、円高、軍需関連株の暴騰などが予想されます。

私は何も起こらないと思っていますが、なにか気持ち悪いなぁ...







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村