2019年05月10日

サンスティーン著『熟議が壊れるとき』を読んで...

キャス・サンスティーン氏の著作『熟議が壊れるとき』を読みました。

著者はそうそうたる経歴を持つアメリカの法学者でして、この本を読んだあと、アメリカのというより、人類の未来にとってかけがえのない人物だという印象を持ちました。

以下、あとに付いていた訳者の解説からの引用です。

キャス・ロバート・サンティーン(Cass Robert Sunstein)は、一九四五年マサチューセッツ州コンコード生まれ。二〇〇九年よりハーヴァード・ロー・スクールのフェリックス・フランクファーター法学教授、同年秋より合衆国政府の行政管理予算局の情報・規制問題室(Office of Information and Regulatory Affaris:OIRA)の責任者をつとめている。ハーヴァード・ロー・スクールを卒業後、現職に至るまでの間、マサチューセッツ最高裁判所B・カプラン判事および合衆国最高裁判所T・マーシャル判事の法務書記、司法省法律顧問室(The Office of the Legal Counsel)の法律アドヴァイザー(attorney-advisor)を歴任し、ウクライナ。ポーランド、中国、南アフリカ、ロシアなどの憲法制定・法制度整備支援事業にも携わった。一九八一年から二〇〇八年までシカゴ大学ロー・スクールに在籍した。


熟議が壊れるとき: 民主政と憲法解釈の統治理論
熟議が壊れるとき: 民主政と憲法解釈の統治理論


この本が訴えるところは、価値観の多様化・多元化の必然的な帰結として、議論の白熱化とカオス化(混沌化)、さらにはそれが「集団極化」という極端な結論に達する危険性にスポットライトを当てています。

例によって引用しつつ紹介したいと思います。

相反する二つの教訓がある。すなわち、熟議を行う孤立集団は、不当に抑圧された見解を発展させるための基盤にもなりうるし、筋の通らない極端主義、実質上熱狂ともいうべき状況を生み出す基盤にもなりうるのだ。


集団的決定において感情的要素は非常に重要であり、そこを操作すれば、極化は顕著に増大したり減少したりする。感情的な紐帯によって集団構成員が結びついていると、反対意見の出てくる頻度は大きく減少する。……(中略)…… それゆえに、人は、ある立場を擁護しているのが友好関係にない集団構成員である場合、その立場の方に意見を変える可能性が低いのだ。


集団極化は、「退出」すなわち構成員が事態の向かう方向性を受け入れられないとして集団を抜けることによっても活性化しうる。退出する人が増えると、極端主義へ向かう傾向はさらに深刻なものになる。


さまざまな確執にみられる特徴の一つとして、他と不和を生じている集団の構成員たちは、集団の内部だけで会話する傾向があり、それによって自分たちの怒りを煽り増幅させ、関連するさまざな出来事について凝り固まった見方をするようになる。ここでは、情報の圧力、評判の圧力が強く作用し、カスケード効果を生む。


集団極化が強まる可能性があるのは、人々が匿名で話し、かつ、あれこれの手段で、集団の構成員たる資格について注意を促しているような場合である。インターネット上の討議集団の多くは、まさにこの特徴を有している。インターネットは、多くの人々によって、極端主義の温床なのである。


集団極化は、正しい答えを導く最善の方法が熟議だという広く一般に流布している見解に対して、重大な疑問をはっきりと投げかけるのである。もし、熟議の結果、もともとの傾向がより極端になるのであれば、熟議のどこに賞賛すべき点があるのだろうか。その基本的メカニズムについて考えても、確信にいたるほどの理由はみつからない。


読んでいてまさにその通りだと思いました。

同じ想いを共有する小集団の暴走化は、たとえばアイドルファンの集団なんかに見られますね。特に、インターネット上でそういう傾向がみられます。

フランス革命やロシア共産革命の暴走などもこれによって説明がつくかもしれません...


一方で、この特徴を社会にとって有意義に活かすことも著者は語っています。

それは、アメリカ伝統の共和主義との関わりにおいて、その欠点を補正するものとして、です。

政治的に有利な立場の追求は一般に共通善への訴えを通して行われる―たとえそうした訴えが、皮肉な調子で見え透いていたとしても。


共和主義の基本的信条―政治的平等、熟議、普遍主義、市民活動―は、米国立憲主義の中心点で際立った役割を演じてきた。


無産階級、黒人、女性などを排除するさまざまな戦略が、共和主義の伝統のなかに組み入れられていた。共和主義は共通善をめぐる熟議に信頼を寄せているが、それはこうした排除の実践と密接に結びついており、きっぱりとは切り離せない。


創設者たちが描いた代表観は、徳性や熟議といった政治的価値への伝統的共和主義の信念を組み入れていたのである。


多元主義の想定のもとでは、共通善の観念は、神秘的であるか圧政的であるかのいずれかである。


アメリカ建国〜公民権運動が盛んになるまで、アメリカの主流の価値観は共通善の存在・尊重と代表制を通じた共和主義でした。その結果、黒人や女性を始めとした少数者には参政権が与えられなかったりして抑圧されていました。

その、一種の大選挙区制&共和制の欠点が、少数者の集団を公的に認め、尊重し、「集団極化」にもとづく彼らの声を挙げさせることで、少数者の意見が国政に反映される可能性を高めると言うのです。

劣位集団に属する構成員たちは、より広い範囲の集団を含む熟議体のなかでは、沈黙したり沈黙させられていたりする可能性が高いということである。孤立集団内で生じる集団極化は、まさにこのような問題を相殺するものとして作用することである。


集団代表制の主眼はあるプロセスを促進することにある。このプロセスのなかで、孤立集団内の人々は他の人々の発言を聞く。そして、他の孤立集団に属する人々、あるいはそのような集団にまったくかかわっていない人々は、自分たちとは大きく異なる見解に持ち主たちの声を聞くことができる。以上のような形で、私的制度や公的制度のなかにさまざまな集団の代表者が存在する状況になれば、そうでないと人々の耳には届かなかったはずのさまざまな見解が公の場に出ることを促すだろう。


少数者同士の小集団が「集団極化」を起こし、その意見が集団代表制によって政治や社会に反映されれば、それは良い方向に働く、とも著者は言っているわけです。

この本では、この他にもアメリカの司法制度の実態やその問題点などについて論じています。

まだまだ紹介したいこともありますが、長くなりすぎるため省略いたします。もしご興味あれば、どうぞお読みください。








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

佐藤幸治著『立憲主義について』を読んで...

佐藤幸治氏の著作『立憲主義について』を読みました。

著者は京大法学部出身で、大学卒業後に銀行勤務をへて学者になったという世間の風に一度あたったような方で、学問一辺倒ではなく、現実主義に立脚しているような読後感がありました。

学派的にも、左傾化しているとも批判のある宮沢俊義系の主流派ではなく、日本の法学者では珍しい保守主義系の方のようです。

立憲主義について 成立過程と現代 (放送大学叢書)
立憲主義について 成立過程と現代 (放送大学叢書)


内容としては、保守主義の論客らしく、人民主権に懐疑的であり、代表者たちによる共和制や法の支配により強く光を当てる論調になっておりました。

以下、興味深い箇所をいくつか引用したいと思います。

まず、立憲主義の原点は古代ローマの共和制にあるということが述べられます。

マッキルウィンは、いう。「憲法理論にせよ、政治理論にせよ、『近代』理論の始源を、ともかくも、共和制ローマまでは探るべきであり、そして、恐らく共和制ローマよりも先には何らかの確信をもって遡ることはできないであろう」、と。


伝承によれば、紀元前七五三年、ロムルスはローマを建国して初代の王となったが、国政は王、元老院(ロムルスが集めた一〇〇人の有力な家長たちで構成)および市民集会(市民全員で構成)により行うものとされ、王は市民集会で選出されるという形がとられ(任期は終身)、元老院は王に助言する公的機関でその議員はパーテル(建国の父祖たち)と呼ばれたという。そこでは宗教の力は強くなく、代わって権威・力をもったのは家父長権の強い家庭であり、また既に法であったというのが興味深い。そして、紀元前五〇九年、ローマは共和制へと移行し、市民集会で選ばれる、任期一年の二人の執政官が統治する時代を迎える。元老院は強化され(議員は三〇〇人に増員され、議員の任期は終身)、執政官、元老院および市民集会という統治体制が整い、紀元後一世紀に生きた歴史家リヴィウスにより、ローマはこれ以降「個人よりも法が支配する国家」になったと記述されることになる。


確かにその実体において寡頭制、貴族制ともみられるところがないではないが、権力保持者が一方的に人民を支配するということはなく、むしろ「法」が政治をコントロールするという、近代の「法の支配」にも通ずる状況が現出した。ここでの「法」は、「不文の祖先の慣習・慣行なども包摂する大がかりなものが中心であり、制定法・成文法としての法規に全面的に頼るということはなかった」。そして、この「法」の権威を高める上で、法学者というプロフェッショナル(専門家)の存在が大きな役割を果たしたことも特記されなければならない。



次に、法の支配を育ててきたイギリスの法政史に関連する箇所です。

政治思想史の田中浩氏は、まず、イギリスでは、その歴史を通じて、王権の行使が法(コモン・ローや制定法)によって制限され(「制限王政」)、さらには議会によって制度的に二重に制限される(「混合王政」)という権力制限的政治思想(「制限・混合王政観」)が一七世紀中葉までに確立されたと解する。


「コモン・ロー」は、司法を通じて形成された法、法曹の法的技術性を反映した法であるという意味で、いわゆる「司法的理性」、「技術的理性」の生み出した法であるといわれる。


ブラクトンは、「国王自身は何人の下にもあるべきではない。ただ、国王といえども神と法の下にある」というよく引用される章句で知られる人物である。彼の所説の中核をなすのは、「統治(gubernaculum)」と「司法(jurisdictio)」の区別であり、前者にあっては国王の自由裁量権を認めるが、後者にあっては決してそれを認めないということである。


クックは、「陛下よ、陛下は神より聡明な資性を恵まれておいでになるが、しかし陛下はイギリスの法律に通暁しておいでにならない。そして陛下の臣民の生命と財産に関する事件は、自然的理性(natural reason)によって決せられるべきでなく、技術的理性(artificial reason)」および法的判断によって、決せられるべきである。そして法は、長年の経験と研究とによりはじめてこれを知りうる技術である」旨を奏上したという。



さらに、アメリカ建国にあたっての憲法制定と政治体制に対する考え方が明らかにされている箇所です。

ヴァージニア憲法がかなり急進的で、後にジェファーソンが「選挙されたる専制主義」と批判したことに触れたが、革命当時は人民主権が優勢で、具体的には立法権万能的な傾向がみられた。しかし、そのことが穏健派・保守派の警戒心を次第に強めるとともに、そもそも人民主権にとって憲法を制定するとはいかなる意味をもつのかがより厳密に考えられるようになっていった。


アメリカ革命の人たちは、よく指摘されるように、先例として古代ローマ共和制に強い関心をもっていたことである。様々な面にわたるが、彼らが注目した一つは、権力は人民に(potestas in populo)、権威は元老院に(auctoritas in senatu)という統治構造であった。それは創設者たちが、連邦議会の一院をローマの制度にならってSenate(上院)と名づけたところに現れている。


アレントは、アメリカの舞台での最も際立った革新は「権威の所在を、(ローマの)元老院から統治の司法部門に移したこと」にあると述べている。


マディソンは、人間の意見には情念に基づくものと理性に基づくものがあり、理性に基づく意見によって政府を統制する必要があり、合衆国憲法にはそれを可能にする原理と仕組みが組み込まれていると考えたのである。ちなみに、マディソンは言論の自由の強い擁護者であり、「人民が情報をもたずもしくは情報を取得する手段をもたない人民の政府は、道化芝居かまたは悲劇の序幕にすぎず、あるいは多分その両方であろう」という有名な言葉を残している人物である。



こうしてみると、古代ローマの共和制→イギリスのコモンロー→アメリカ建国と憲法制定とつながるわけであり、権力者の圧政から人民の自由と権利を守りかつ求めつつも、人民主権を法の安定性によって統御しようという試みもあったという史実が立憲主義の保守本流の流れであることがわかってきます。

ここで重要な役割を果たすのが、”司法”です。

わが国の歴史でもまた、法曹たちの活躍が大正デモクラシーの原動力だったそうです。

伊藤孝夫『大正デモクラシー期の法と社会』は、法と社会とを媒介する「法律家」の役割に着目し、法学にかかわる大学人や裁判官・弁護士らの実務法曹を含む「総体としての『法律家』こそが、『大正デモクラシー』の重要な、不可欠の担い手であった」ことを明らかにしようとしたものである。


最後に著者は以下の言葉で締めていました。

本書を通じて、立憲主義の誕生と展開の過程を瞥見してきた。そこで気付かれる重要なことの一つは、法律家、法曹の果たしてきた役割の大きさである。そもそも立憲主義の真髄が政治権力に対する法的統制であるとすれば、それは当然のことかもしれない。前に触れたトクヴィル『アメリカにおける民主制』には、次のような一節がある。「法律を専門に学んだ人々は、その勉強から秩序を重んずる習性と、形式に従う風儀と、論理の一貫性に対する一種の本能的な愛情とを汲みとっている」。


安定した政治や独裁化しない民主主義を実現するのは、法と法曹の役割、すなわち、国民の法への敬意と分厚い法曹層が重要な意味を持っているのだなと理解いたしました。

憲法記念日にあたって、憲法とは何か、立憲主義とは何か、法の支配とは何かについて学ぶにはおススメの一冊であるとこの場にて推薦しておきたいと思います。









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

金子夏樹著『リベラルを潰せ』の感想...

金子夏樹氏の著作『リベラルを潰せ』を読みました。

内容としては、世界的にリベラル勢力が後退しているという情勢の紹介と、その原因を究明するものでした。

リベラルを潰せ 〜世界を覆う保守ネットワークの正体 (新潮新書)
リベラルを潰せ 〜世界を覆う保守ネットワークの正体 (新潮新書)

著者は、大学(筑波大学)を出て日経新聞社に入社し、モスクワ駐在員経験のある方です。

結局、そのときの見聞に影響され、プーチンをめぐる政治情勢に触発されたことがきっかけでこの著書の発行に至っているようです。

著者自身はおそらくリベラル寄りの思想を持つ人のようで、本のタイトルがそのことを示唆していましたし、内容的にもそちらの傾向が出ておりました(著者自身は中立だと言ってますし、できるだけそう書こうという努力は感じられましたが)。

以下、現在の国際情勢の参考になる箇所を中心に引用してみたいと思います。

トランプ政権の岩盤支持層となっているのが、プーチンを称えた福音派=キリスト教右派だ。


本書のテーマはプーチンとトランプを底流で結ぶ、この「反リベラル」という思想だ。


ブキャナンは「21世紀は伝統・保守主義と急進的な多文化・リベラル主義が対立の軸となるかもしれない」と予測する。


リベラルの前提となるのは、「社会は進歩を続ける」という価値観だ。一方、保守主義は伝統や常識、慣習などを重んじる考え方を指す。合理主義が良い社会をもたらすというリベラル思想を疑い、「人間は常に間違える可能性がある」と考える。保守派の原点にあるのは、自由や平等を求めたフランス革命が、結果として独裁者による恐怖政治に陥ったトラウマ体験だ。


キリスト教右派の重鎮、パトリック・ブキャナンはその著書『超大国の自殺』で、欧米で進むリベラル主義と世俗主義(=脱宗教)が社会の分断を招くと警鐘を鳴らした。


世界家族会議は日本ではなじみが薄いが、世界各地で穏然たる影響力を持つNGOでもある。「伝統的な家族観を守る」という主張を掲げ、その賛同者は世界に広がっている。米国のジョージ・ブッシュ(子)大統領はこの団体にあてたメッセージで、「あなた方の努力は世界をより良くしています」と称賛している。ロシアを含めて保守的な価値観をともにする世界各国の政府と緊密に連携し、総会では開催国の政府トップが参加することも多い。


「法曹の軍隊」と呼ばれ、リベラル派から警戒されるNGOがある。「自由を守る同盟(ADF)」というNGOで、保守的な価値観を持つ弁護士が所属する法律の専門部隊だ。……(中略)…… 彼らには「11ヵ条の信仰声明」という文書がある。「聖書に誤りはなく、厳然たる神の言葉と信じる」という声明から始まり、男女間以外の非伝統的な性行為を「モラルに反し、神に対する冒瀆行為であると信じる」という一文もある。この声明を支持した者のみが、キリスト教を守る弁護士として登録されるのがこの団体の特徴だ。


「自由を守る同盟」は1993年に米南部アリゾナ州で設立され、米国内で保守的な視点から数多くの裁判に取り組んできた。活動の資金となる寄付金は年間で500万ドルに達し、弁護士を教育するプログラムを展開するなど保守派若手の養成機関の役割も担っている。追い風となったのが、トランプ政権の誕生だ。政権の発足と軌を一にして、社会への影響力を増している。トランプ政権が彼らと関係の深い弁護士を重用し、連邦裁判所の判事として少なくとも4人を任命しているためだ。


ロシアなど反リベラル思想を持つ国々は2015年、国連本部がある米ニューヨークで伝統的な家族観を守るため連合組織「グループ・オブ・フレンズ・オブ・ザ・ファミリー(GoFF)」を設立した。その主張はナチュラルファミリーを社会の基本とみなすもので、世界家族会議など福音派の主張を国連で展開する別動隊といえる。


代表的な保守派の経済人に、2015年まで10年にわたり国営ロシア鉄道の社長を務めたウラジミール・ヤクーニンがいる。ロシア鉄道は100万人を超える社員を抱え、国家の中のミニ国家とすら言われる巨大組織だ。元外交官のヤクーニンは、プーチンの側近の1人として知られる。


ソ連があっけなく自壊した1991年以降、新生ロシアを席巻したのは欧米のリベラル思想だった。欧米の経済専門家とロシアのリベラル政治家が主導した急進的な市場改革は、ロシア経済に大混乱を引き起こす。……(中略)…… 国民の富は掠奪され、貧しいながらも安定していた生活を失った。多くの一般市民には「欧米にだまされた」という苦い思い出が残ることとなる。自らのアイデンティティを見失う危機に直面したロシアの人々は、キリスト教に根ざす伝統的な生活への回帰を主張する正教会にすがるように救いを求める。ロシア政府も国内の政治、経済混乱に有効な手を打てず、自らの統治の正当性を高めるため、正教会の権威に依存するしかなかった。


プーチン自身はこう語る。
「あらゆる政治家たちが悪名高い民族自決というスローガンのもとに戦ってきました。しかしロシアの人々は、とっくの昔に進むべき道を決めています。ロシア文化を中心とする多民族社会を築くという道です。ロシアの人々は1000年歴史のなかで―住民投票や国民投票ではなく、血によって―何度もこの道が正しいことを証明してきました」
 広大な国内に暮らす様々な民族、宗教間の対立を抑えるため、帝国をまとめるイデオロギーとして浮かび上がってくるのが「反リベラリズム=保守反動主義」だ。


ビリー・グラハム伝道教会によると、グラハム師は185の国と地域で、2億人を超える人々に教えを説いたという。米国の世論調査では、最も尊敬する人物ランキングの上位にたびたび名が挙がった。グラハム師は歴代のアメリカ大統領と親交を持ったことでも有名だ。リンドン・ジョンソンやビル・クリントンは同師の精神的な助言に深い信頼を寄せ、ブッシュ元大統領(子)は酒浸りの日々から改心するきっかけを得たとされる。


ビリー・グラハムにはもう1つの顔がある。世界家族会議と並び、アメリカとロシアの反動派を結ぶパイプ役となっていたのだ。特にロシア正教会との交流は長く、濃密だった。ビリーの死後、ロシアとの絆は息子にしてやはり牧師となったフランクリン・グラハムに受け継がれている。


2017年5月。世界家族会議のブダペスト総会の開催とほぼ時を同じくして、アメリカの首都ワシントン中心部で、ある国際会議が開かれていた。会議の名称は「迫害されているキリスト教徒を保護するための世界サミット」(以下、「世界サミット」)。


米ロの結節点となった「世界サミット」。この会議を周到に準備したのはグラハム家と、ロシア正教会だった。


トランプ政権が誕生したアメリカを筆頭に、世界でリベラル派の退潮が目に付く。世界家族会議などのキリスト教右派がトランプを熱烈に支持し、反動革命とも呼べる現象が始まった。


ソ連という社会主義国家の崩壊は、その後の行き過ぎた自由化に伴う社会の混乱をきっかけに反動化につながり、ロシアにおけるキリスト教の復興をもたらしました。

一方で、アメリカでも、同性婚をめぐる論争をきっかけに、保守主義・伝統主義への回帰の傾向が強くなってきました。

そんな両国の保守勢力に立脚しているのがプーチン政権でありトランプ政権でもある...

東欧などでも保守主義の勢力は強く、リベラル勢力がどんどん退いていっているのが現在の世界情勢だということがこの本を読むことでよくわかりました。









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村