2017年04月22日

インド株投信を売却しました...

以前から長期に保有していたインド株の投資信託をついに売却しました。

”新生UTIインド株ファンド”です...

売却理由は、今年の7月にインドで消費税(名称は、”物品サービス税”)が導入され、しかも各企業ともそのIT対応に追われるとともに対応コストも増えるらしいからです。

インド経済の短期的な失速要因だと判断いたしました。
(長期ではポジティブ要因という見方も...)

なお、この情報は、通っている会計大学院で聞きました...

大手税理士法人のホームページにもニュースとして載っております。
↓↓↓
https://www.pwc.com/jp/ja/tax/news-indirect-tax/issue-8.html


一応、成績を記録しておきたいと思います。

【投資戦績】
購入日: 2006年12月26日
購入単価:10,000円
購入手数料:30,537円
購入口数:96.9463口
購入総額:1,000,000円
売却日: 2017年4月13日
約定日: 2017年4月14日
売却単価:15,828円
売却総額:1,615,496円
受渡日 :2017年4月21日(昨日)
譲渡益税:申告分離


結局、10年ちょっと持っていました...

ずいぶん長く持っていたなぁ...

まあ、完全に使う必要性のない余裕資金だったけど...

100万円投資して160万円で返ってきたわけだけど、保有期間からすれば大した利回りじゃないですね。

でもまあ、損はしてないし、預貯金(タンス預金にしろ、銀行預金にしろ)よりはずいぶんマシかなぁと...






P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。




posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

売れるものを売って様子見...

おととい,昨日と個別株を3銘柄売却しました。

いずれも、買った値段よりは上昇している手持ち銘柄です...

特におとといは市場が手じまい売りの様相を帯びていたので、キャッシュ化を急いだ感じです。

3月25日が権利日だったので、それを通過したという理由もあるかな...

また、ここ最近話題になった森友学園問題は、安倍政権への信任を揺るがせて7月の参院選で自民失墜を狙う勢力が動き始めている兆候なのかな?、とも思ったので...

アメリカ利上げ話題の一服感、安部長期安定政権の揺らぎ、トランプ政権から有効な政策が出ない、という諸事情が、今後、円高&株安へと向かわせるとも考えられます。

したがって、当面、どちらかと言うと売りスタンス寄りで臨んだ方がいいのかな、と...


以下が売った銘形ですです...

ANAホールディングス、344.6円、1,000株。
ソフトバンク、7,948円、100株。
NEC、272円、1,000円

合計で、141万1,400円の売り越しとなりました。


今後の私の投資の予定としては、しばらくのあいだは売り中心で対応し、”セルイン・メイ”と呼ばれる5月以降に備えていきたいと思います。






P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。




posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

長年お世話になった投信を売却

長い間保有していた毎月分配型の投資信託を売却しました。

名称は、”DIAM高格付インカムオープン(愛称:ハッピー・クローバー)”です...

債券型で、ノルウェー,カナダ,ニュージーランド,オーストラリアという国債の格付けの高い4ヶ国の債券に投資するファンドです。

私は、別途、カナダやニュージーランド&オーストラリアの国債に投資するファンドを保有していること、
および、本ファンドがトータルリターンで充分に元が取れていること、
マネー系雑誌(『ダイヤモンドZAi』)の特集で本ファンドの分配金安全率が悪化していること、
などから売却を決めました。

戦績を記しておきたいと思います。


【戦績データ】
購入日 :2006年4月28日
購入単価:9,457円
購入総額:477,814円
売却日 :2017年3月22日
売却単価:7,257円
売却総額:362,850円
損益額 :−10,150円
還付税額:+2,063円
分配金総額:238,893円
トータルリターン:+123,929円

このブログですでに何度か書いてきた通り、銀行の預金金利がほぼゼロに近い現在の情勢では、トータルリターンでプラスなら銀行に預けておくより有利なわけですし、さらにその上、損益計算上マイナスということであれば税金が還付されるので節税ツールとして使えるわけです。

さらに言えば、株の新たな投資資金を確保することにもつながる...

手元資金の流動性を高めると共に、分配金安全率が悪化したファンドを保有するリスクからの解放を行いました。






P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。




posted by スイス鉄道のように at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村