2020年05月12日

確定拠出型年金の小勝負での勝利(その2)

4月18日の記事にて、確定拠出型年金の小勝負で勝った話しを書きましたがその続編です。

[最近の戦績(成果)]
購入銘柄:楽天・全米株式インデックス・ファンド
購入日と購入金額:3月6日×100万円,3月16日×100万3円
購入総額:約200万円
購入単価:11,468円(×100万円分),10,225円(×100万3円分)
売却日:5月1日
売却割合:50%
売却単価:11,050円
売却金額:102万2,119円
運用益:+2万2,119円


要は、2回に分けて購入した全米株式のインデックスファンドを半分処分したということ。

ただし、高値づかみした1回目の購入単価(11,468円のほう)よりも上がっては来ていないので、安く買えたほう(購入単価が10,225円のほう)で売ったとみて益出しをして様子を見ているということです。

今後の方針としましては、下がってきたら買い戻すし、上がったら残りも売って益出しして様子見をする、ということにしています。

また、インデックス投資の基本は、”分散投資をせずに集中投資をする”、という考え方が私の考え方でもあります。

安く下がったところで数十万〜百万レベルで買い付け、高くなったところでいさぎよく処分してドバッと利益をだす...

これが賢い投資法ですよね?






P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。



posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

前回から昨日までの投資報告(3/16〜5/8)

久々に投資報告をしたいと思います。

前回に投資報告の記事を書いたのはなんと3月16日(→記事はコチラ)でして、ずいぶん間があきました。

皆さんもご存知の通り、相場が新型コロナウイルス感染症の影響で混乱&迷走しておりなかなか手を出しづらく、売れないうえに買う機会にもなかなか恵まれませんでした。

そんな中、相場の上下動を利用すべくインデックス指標連動型のETFで小勝負を繰り広げつつ、将来性のある小型株を購入致しました。


購入銘柄:

メディカル・データ・ビジョン(3902)
購入日:4月20日
購入単価:790円
購入株数:200株
※NISA枠で購入

エコス(7520)
購入日:5月1日
購入単価:1,910円
購入株数:200株


売買銘柄:

NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)
購入日と購入口数:4月14日,20口
購入単価:1,085.6円
売却日と売却口数:4月21日,20口(全部)
売却単価:1,105円
譲渡益税:53円
純利益:+229円

日経平均ベア2倍上場投信(1360)
購入日と購入口数:4月30日,30口
購入単価:2,440円
売却日と売却口数:5月1日,30口(全部)
売却単価:2,536円
譲渡益税:540円
純利益:+2,142円


メディカル・データ・ビジョンさんは医療系のデータ提供会社さんで、新型コロナウイルス感染症の影響がプラスに出もするでしょうし、今後が高齢型社会であるということも追い風だと考えました。

エコスさんは関東各県でスーパーを複数経営する会社さんでして、私の近所のスーパーであるライフさんがここ近日、新型コロナウイルス感染症の影響で好業績を上げ、従業員にボーナスを出したという情報をキャッチして、それでここも明るいだろうと判断したもの。

いずれも買った後、なかなかの相場値を刻んでいます。

将来が楽しみです...







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。





posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

投資信託(グローバルトップ)のイグジット結果報告

少し前のことですが、ゆうちょ銀行口座で保有していた投資信託を売却しました。

海外の高利回りの債券に投資するファンドで「グローバルトップ」といいます。

その戦績を報告しておきたいと思います。


[三菱UFJ先進国高金利債券ファンド(毎月決算型)]
公式サイトはコチラ...
購入日と金額:2015年3月23日×100万円,2015年5月14日×50万円,2015年10月18日×50万円
投資金額合計:200万円 … (A)
分配金総額:627,620円 … (B)
売却日:2020年4月8日
売却総額:1,391,361円
譲渡益税:1,326円
売却純収入:1,390,035円 … (C)
トータルリターン:+17,655円 … A-(B+C)

※なお、普通分配金については、確定申告で配当収入として申告しその一部が還付されていますので、実質的にはこれよりも少しいいリターンが返ってきているはずです。


結局、このファンドを約5年間保有していましたが、途中、トータルリターンでマイナスになる時期が結構ありまして、それが新型コロナウイルス感染症の影響でアメリカ国債が買われてこのファンドの価格もつられて上昇したので、ここでいったんEXITしておこうと考え、処分しました。

新型コロナウイルス感染症の影響による相場乱高下で痛い目にあっている方もたくさんいらっしゃると思いますが、金融市場って、ホント、”一寸先は闇”ですよね。

だから、将来のことなど考えずに(このファンドを継続保有していればもっと儲かるかも?、なんて考えずに)、もうかっているうちにこのファンドから抜け出せてホッとしています。

とりあえず損しなかったぞーーー

また、今回、債券の世界からまたひとつ抜け出すことができ、つくづく投資の王道は株だなという想いをあらたにした次第であります。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村