2019年12月29日

12月後半(12/16〜12/27)の売買状況

12月後半の売買状況を記しておきたいと思います。

まだあと一日ありますが、わたしとしては商いしないつもりなので、27日で打ち止めですので...


ソフトバンクグループ(9984)
購入日:2019年9月17日
購入単価:4,681円
購入株数:100株
使用証券会社:カブドットコム証券
売却日:12月27日
売却単価:4,724円
譲渡益税:757円
純利益:+3,010円


秋口に入ってから大きく下げてきていたソフトバンクグループですが、ようやく値が戻ってきたようです。

しかし、あまりこだわらずに処分いたしました。

やはり、ファンダメンタル的にリスクが高いうえに、株主優待が9月から廃止された(秋口に入ってから下げたのはこれが大きいと振り返って思う)ため、先行き不透明なため、逃げの一手と判断しました(なお、今回処分したのはカブドットコム証券での保有分ですが、あとまだSBI証券でも保有しています。これも機を見て処分したいです)。

また、相場環境として、年末年始に入るうえ、昨日の記事にも書いたように円高リスク,企業業績悪化発表リスク,等が来年初に予想され、そういう意味でも「キャッシュ・イズ・キング」のことわざにあやかってもおきたいところだという理由もあります。

とりあえず、昨日の記事に書いた投資信託の売却3つと併せて約440万円ぶんを投資のポジションを解消してキャッシュ化しました。

来年、仕切り直しのための軍資金ですね。

”備えあるところに憂いなし”だと考えております。







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。





posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

投資信託を3つ売却しました

今月の後半、投資信託を3つ売却しました。

理由としては、年末年始の長期休暇のあいだに投資環境が激変する可能性に備える事(リスク回避)、年末の損益通算を考慮した調整の一環(税還付対応)、パフォーマンスがいまいち思わしくないファンドの整理など、様々です。

新しい年に備え、古いポジションの始末という側面が大きいかな。


JP4資産バランスファンド(安定成長コース)
金融機関:ゆうちょ銀行
投資形態:毎月3万円づつ積み立ててきたもの
投資総額:571,119円
売却日:12月17日
売却総額:599,431円
譲渡益税:5,741円
純利益:+22,571円


MSCIジャパン高配当利回りインデックスファンド(毎月決算型)
金融機関:フィディリティ証券
投資形態:一括購入(2019年7月30日×100万円、2019年8月6日×100万円)
投資総額:200万円
分配金総額:46,926円
売却日:12月16日
売却総額:2,257,307円
譲渡益税:55,875円
純利益:+219,175円
トータルリターン:+248,358円


PIMCO 米国ハイイールド債券 通貨選択型ファンド(米ドルコース)
金融機関:フィディリティ証券
投資形態:一括購入(2017年10月19日×70万円、2017年11月7日×70万円)
投資総額:140万円
分配金総額:375,974円
売却日:12月27日
売却総額:1,070,984円
譲渡益税:2,179円
純利益:+8,553円
トータルリターン:+44,779円


累投型は日本株なので、来年消費増税の影響がじわっと出たり、今の円安傾向が円高方向へとぶれたりする前に高値売り逃げという思惑があり、それをうまく実行できたと思ってます。なお、毎月の3万円の積み立ては継続しています。

毎月分配型ではトータルリターンもしっかりと確保できました。パフォーマンスの思わしくない債権型を処分できたというのも大きかったです。

気分的には年末の大掃除という感じかな。

なんか、せいせいしました!







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。




posted by スイス鉄道のように at 08:46| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

12月前半(12/2〜12/13)の売買状況

少し間があきましたが、12月前半の売買状況を報告したいと思います。


売却銘柄:

日東製鋼(3524)
購入日:4月10日
購入単価:1,668円
購入株数:200株
売却日:12月10日
売却単価:1,703円
売却株数:200株(全部)
譲渡益税:1,284円
純利益:+5,171

協栄産業(6973)
購入日:10月30日
購入単価:1,555円
購入株数:300株
売却日:12月11日
売却単価:608円
売却株数:300株(全部)
譲渡益税:553円
純利益:+697


購入銘柄:

キャノン(7751)
購入日:12月11日
購入単価:3,071円
購入株数:200株
総保有株数:700株
購入平均単価:3,362円→3,281円


12月前半の東京市場はおおむね好調に推移したと思います。

そんな中、私は、戻り売りでの益出しをしました。

利ザヤは小さいですが、投資回収を行い、投下資金を早期に回収するのが私の方針なので。

前にも言ったことがありますが、利益よりも”時”を重視して売買するのが私の昔からの方針ですので。

また、移り変わりの早い今のこの世の中にとって昔の値段はカビのはえた値段だということでもあります。そんなのにこだわっていると相場感覚というものを見失うと思うんですよね。

ポートフォリオは時代に合わせてどんどん変えていく...

それが相場感覚を養う優れた手法だと考えております。






P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。




posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村