2018年12月10日

断捨離を実行し、家の中のレイアウトも変更した

年末が近づいてきたということもあって、不要なものを粗大ごみとして出しました。

ごみ処理券が必要でしたが、気持ちがすっきりしたのでレクリエーション効果代と考えればいいかな?

ちなみに粗大ごみのリストと、要したごみ処理券の費用は以下の通りでした。

@10年以上使っていたオーブントースター(400円)
A20年以上使っていた大型箱もの家具(1,200円)
Bござ2枚とござ風の座布団(400円)
C20年以上使っていたワゴン(400円)
Dゴルフバックとアイアンセット(400円)

いやぁ〜、捨てた捨てた!!

ハッハッハッハ... 

総額で2,800円もかかりましたが、私が住んでいる東京都台東区は通常のごみ袋は自由なので費用が普段はかからない(自治体が指定する「指定ごみ袋」の制度がない)ことを考えれば、たまにこういう風に費用がかかってもまあ我慢できるというものです。

gomi.jpg


その他、使わずに溜まっていたタオルやハンカチの一部とバッグなどを、教会のチャリティーボックスに寄付しました(大震災の被災者に届くことになっています)。

そしてそして...

家の中のレイアウトを大幅に変更し、寝室に使っていた部屋にカラーボックスをかなり移動させ、逆に、寝室に置いていた衣装ボックスを居間に持ってきました。

いい気分転換になっています。

これを機会に大掃除もしたし、いいクリスマスと新年を迎えられそうです。








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

教会のバザーを満喫した日曜日...

このブログの過去記事に何度か書いておりますが、私はカトリックの信者です。

昨日は、朝10時にミサに出たあと、そのミサに出た教会ではなく別のところなのですがバザーをやっているということで信者仲間と2人で連れだって行ってきました。

小さな教会ですが、教会前の広場から内部にかけてさまざまなお店が出ておりました。

私は、まずは、ワインの試飲(¥400円)をしました。

パンとチーズと干しイチジクが酒の肴として付いておりました。特に、干しイチジクがとても美味しかったです。

一緒のテーブルにいた人が言うには、なんでも、ワインの肴としては干しイチジクがベストなんだそうです。

「トルコ旅行にいったときなんか、あたし、おみやげにたくさん買い込んじゃって...」などと、その方はおっしゃっておられました。

写真を撮り忘れたので、メニューの写真を代わりに挙げておきます。

ueno_1.jpg

私が試飲したのは一番上にある白ワインです。甘口で、とても美味しかったです。

売り子さん、および、テーブルについていたお客さんといろんな雑談を交わすこともでき、その点も楽しめました。


次に、中国人系の信者さんがやっておられたお店で中華風の揚げパン(¥150円)を買いました。

ueno_2.jpg

これは持ち帰って家で楽しみました。

中に何も入っておらず素朴な味で、かえって自分には合っていたので美味しかったです。

この他にもいろんなお店を見て回り、雑談を交わしたりし、トークや交流を楽しみました。


最後、バザーから帰り際に、ほぼ新品のズボン(¥500円)を買いました。

ueno_3.jpg

とてもお安く手に入れることができて良かったです。

売り子さんは目黒区にある碑文谷教会からはるばる来た方でして、松田聖子ちゃんの結婚式のこととか話をされましてトークをしばし楽しめました。

使ったお金は合計で¥1,050円ですが、人との暖かい交流などを味わうことができ、値段に表せない価値があったバザーでした。








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

平和旬間のなかで味わう夕べのミサ...

昨日は、久々に夕べ(18時〜)のミサに出てきました。

四ツ谷にある聖イグナチオ教会の17時50分頃の様子です...

ignatio.jpg

昨日の東京は曇天で気温は日中そんなにあがらず、夕方はさらに気温が下がって涼しくなり、とても過ごしやすかったです。

そんな中、日が没する時間帯に参列する聖餐式(ミサ)は朝の清々しさとはまた違う味わいがあり、心が洗われる心地がしました。

ミサのなかのお説教では、神父様から平和旬間についてお話しがありました。

日本のカトリック教会では、毎年、広島に原爆が落ちた8月6日から終戦記念日の8月15日までを”平和旬間”と定め、特に強く平和を祈ることにしています。

私も、今の平和な日本に感謝するとともに、世界の平和を祈願したいと思います。

どうか、平和な日本がいつまでも続きますように...

そして、平和を心から望む人々の数が少しづつでもいいから増えていき続きますように...

平和の実現には、それを望む人の数が多くなっていき、地球上のほぼすべてを覆い尽くせばいいんじゃないかと思います。

主権国家や民族の数はほとんど増えないのに比べ、人口はどんどん増えていきます...

ならば、一人一人の心のなかに平和を望む想いが次々と備わっていけば、自然と抑止力になっていくのではないかと...

そのためには、日々の生活、また、旅行で出会う諸々の人々とコミュニケーションをとるにあたって、友愛をもって接すれば、人の心を平和に向けることができるんじゃないでしょうか。

そう考えれば、平和とは意外と身近にあるテーマなんです...








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村