2017年10月10日

中山七里著『静おばあちゃんにおまかせ』は気軽に読めて面白い

少し前のことになりますが、9月27日の夜にテレビ東京で『テミスの剣』という推理ドラマがありました。

中山七里さんという方の書いた同名の推理小説が原作で、上川隆也さんが主役,その他に高橋克実さん、伊東四朗さん、前田敦子さんなどが出演していました。

筋書きも面白ければ、最後のどんでん返しもなかなかでした。

そこで興味を持ったので調べてみたところ、この中山七里さんは、どんでん返しものが得意らしいですね。

というわけで、中山さんの『静おばあちゃんにおまかせ』を図書館で借りて読みました。

静おばあちゃんにおまかせ (文春文庫) -
静おばあちゃんにおまかせ (文春文庫) -

この方は他にも数々の著作をすでに出しておられるみたいですが、この作品を選んだ理由としては中編集で読みやすいだろうと考えたということと、『テミスの剣』に登場していた裁判官がこの作品にも出てくることからです。

期待にたがわず面白かったですし、読みやすかったし、また、中編集なのに最後にどんでん返しもあってビックリ!

そして、筋書きとは別に楽しめたところとしては、法や正義に関する名セリフのかずかず...

この作品では、『テミスの剣』で出てきた裁判官氏が退職していて安楽椅子探偵をやるのですが、彼女(女性元裁判官です)が語る数々の名言は著者の考えでもあるのでしょうか...

思わずうならされるものばかりでした...

以下にいくつか紹介しておきたいと思います(引用です)。

難儀なのは世の中で起きている紛争や犯罪が正義と正義の衝突ということなの。おカネを盗んだり騙し取る行為だって、今日一日の日銭を稼がないと生活していけないからという正義。人を殺めるのも、この人間を生かしておいたら自分や誰かの不利益になるからという正義。古い因習の残る場所では法律としきたりが相反する場合だってある。


感情から生まれるものは大抵長続きしない。長続きしないものを信用するのは危険。でもまあ、正義感自体が元来子供っぽい感情なのだけど


昔から法曹関係者は一般庶民の感覚から乖離しているとか、世間知らずとか陰口言われているけど、逆に世間の熱病に伝染し難いという利点もあるのよ


3つめの指摘には「なるほど」と思わず膝を打ってしまいました。

”世間知らず”がいい場合だってあるのか...









posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

遠山の金さん3時間スペシャルを見て

おとといの月曜夜に時代劇『遠山の金さん3時間SP』がTBSで放送されました。

ストーリー展開、カメラワーク、粋で美しい町並みや登場人物の立ち居振る舞い...

たいへん素晴らしかったです...

時代劇が好きだというTOKIOの松岡昌弘さんも熱演でした。

番組ホームページはコチラ...
↓↓↓
http://www.tbs.co.jp/program/toyamanokinshirou_20170925.html

子供の頃、たまーに見ていたこの番組ですが、久しぶりに見ると江戸を舞台にした時代劇の良さを改めて実感します。

私が現在住んでいるのは江戸時代では下町にあたる台東区でして、近くには浅草や両国などがあります。

それらの古き良きスポットを訪れると気分がなごみますし、癒される感じがします。

このブログでも紹介した浅草伝法院(5月5日の記事)や両国界隈(8月23,24日の記事)などです...

また、山の手地区にも、まだまだ江戸情緒の残る地域はあります。

たとえば、薬王院(5月1日の記事)...

私は、また、江戸を舞台にした本を読むのも好きです。

9月16日の記事(『下級武士の食日記』)や8月27日の記事(『江戸はすごい』)など...

そんな数々の江戸の風情や情緒が最近とくに好きになってきたのですが、『遠山の金さん3時間SP』は撮影自体は京都などでも行われたようですが、全体的に、江戸時代と江戸の良いところ(美しい自然・風景、義理人情、庶民の善良さ、町のにぎわいと活気、戦争の危機がないこと、など)がステキに描かれていました...

もちろん当時の実像ではないんでしょうけど、何か今の日本からは失われてしまった大事なものが感じられるというか、心が洗われるというか...

いい思いをさせていただきました...

感謝します、TBSさん...

配役(キャスト)や衣装代,ロケ代などを考えると、テレビ局的には、番組のコストパフォーマンスは必ずしも良くないのだとは推測しますが、それでもこのような素晴らしい番組を特番だとしても制作してくれてありがたいな、と思います...









posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

終戦の日を迎えて...

本日は「終戦の日」とされています。

現実の歴史的には、14日にポツダム宣言の受諾をする旨の天皇のご聖断,19日〜22日にかけて陸海軍への戦闘停止命令,9月2日に降伏文書の調印と、何段階かに渡って、随時、戦争終結へと推移したようです。

しかし、1945年の8月が、原子爆弾2発の被弾と日ソ中立条約破棄から始まって9月2日の連合国側のVデーに至る重要な画期となった”月”であることは間違いなく、その8月の真ん中の15日は、歴史の転機となった重要な日であることには変わらないと考えます...

あらためて、被害者となったすべての方たちのご冥福と現在の平和の有難みを噛みしめたいと思います。

そして、アメリカと北朝鮮のあいだに戦闘の火ぶたが切られないことを祈りたいです。

またもちろん、日本が巻き込まれないことも...



なお、北朝鮮の問題について、私見を述べておきたいと思います(以下)...

 北朝鮮問題については、国連の常任理事国である中国の行動が鍵を担っていると思います。なぜなら、今回、アメリカは当事国ですし、一方の中国は、アジアにおける唯一の安保常任理事国ですから。

 かつて、明治から大正にかけて、日本は、アジアにおける紛争を鎮めるのに役に立ちました(義和団事件のことです)。そして、”東洋の憲兵”と呼ばれ、第一次世界大戦後、国際連盟の常任理事国に任命されました。いわば、紛争を鎮め、秩序を回復する役目を担えるか否かが、国際社会において、軍事面でリスペクトされ、一定の地位を認められる条件です。そして中国は、第二次世界大戦で過ちを犯し東京裁判という場で否定された日本に代わる存在として期待され、常任理事国に任命されたというのがこれまでの経緯のはずです...

 朝鮮戦争の際は「中華人民共和国」は承認されておらず、今の台湾が正規の政権として認められていたため、紛争解決の責任を問われる立場にありませんでしたが、今回は違う... 中国の紛争解決能力が、いま問われているのだと思います。今回の件の解決に中国がまったく役に立たなければ、国際社会におけるプレゼンスを失う転機となるのではないかと思います。








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村