2016年06月26日

『西南シルクロードは密林に消える』を読んで

高野秀行さんの『西南シルクロードは密林に消える』を読みました...

中国の雲南省からミャンマー北部をへて、インドに抜ける冒険もの。

ノン・フィクションです...

いやあ、面白いですなぁ...

中国の国境警備隊につかまったり、道なき道をゾウで進んだり、反政府ゲリラと交渉したり...

ハラハラ、ドキドキ感が満載です...

先進国で便利な生活を営む我々日本人にとって、非日常感をぞんぶんに味わえます。

読んでいるだけで気分がリフレッシュできますな。

この人の著作を読むのは今回が初めてでしたが、他の著作も読みたいなぁと心底思いました。

西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫) -
西南シルクロードは密林に消える (講談社文庫) -

また、面白いだけではなく、通過した地域の経済事情を把握することもできます...

例によって引用してみましょう...

成都が鄙びた田舎町みたいな気がしていたが、とんでもない。巨大な都市だ。広いだけでなく、横にも縦にもでかい建物が窮屈そうに肩をぶつけ合い、これでもまだ不満足なようで新しいビルをどかどか建てている。規模が大きいだけではない。市場へ行くと、スイカ、ブドウから、ミカン、リンゴ、イチゴまで、乾燥地帯、温帯、高原の果物がずらりと並び、ここが東西南北の流通の中心地であることを教えてくれる。


雲南省の省都・昆明に到着した。「春城(常春の都市)」という別名に恥じず、たいへん暖かい。
……(中略)……
道ばたの商店では南国のフルーツが売られている。欧米人、日本人、韓国人、東南アジア華僑、中国他省からの観光客で賑わい、成都よりはるかに国際都市の趣がある。


いずれも、中国雲南省の情景です。

少し前の時代の記述ですが、どうしても上海や香港といった沿岸部、あるいは政治的な面での北京の情報が来がちになる我々日本人にとって、こういう内陸部の生の情報は貴重ですね。

中国でしつこい商売人を追い払ったり、誰かを待たせたりするには、「飯を食う」と言うに限る。中国人以上に「食」を尊重する民族はいないからだ。


なるほど...
勉強になります...

私たちが近くの家に荷をほどくと、すぐに竹の杯に入った酒と、葉っぱに載せられた米飯と肉が運ばれてきた。おすそわけのようだ。酒はカチンのピサとまったく同じもの、米飯は赤いもち米―つまり赤飯である。肉は野ヤギだった。竹でつくられた物干し台に腰掛けて、みんなで乾杯した。「カチンの結婚式とまったく同じだな」とゾウ・リップが言った。


調理法はどうだろう? 私たちカチン軍は自分たちで食事を作るので、ナガ人の食事をよく見ていないのだ。オウン・テ中尉に訊くと、「同じだ」とあっさり言われた。米の炊き方は吹きこぼし式(最初に水を多目に入れ、煮立ってから余分な水分を捨てる炊き方)だし、納豆もある。


「調味料は?」と訊いてもやはり「同じだ」。
「塩とトウガラシとアジノモト」と中尉はつまらなさそうに答えた。
「アジノモト?!」
 ……(中略)……
「東アジア文化圏」の大きな特徴の一つとして、「うま味」への執着をあげてもよいだろう。


中国・成都から東西ナガランドまで文明度の差こそあれ、基本的な文化差を感じたことはなかった。ところが、ナガランドとアッサムでは文化のフォッサマグナとでもいうか、明らかに何か根本的なものが断裂していた。


お米の炊き方に赤飯に納豆...

雲南省からインドの東端部までは意外と我々日本人の文化と近いですな。

実際、『DNAでたどる日本人10万年の旅』(崎谷満、昭和堂)という遺伝子研究でも、日本の縄文文化との近縁性が指摘されていたりもするようです。                 






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

独身女性税務署員が活躍する「トッカン」シリーズを読んで...

4月19日と29日の記事に書いた高殿円さんの著作で、「トッカン・シリーズ」と呼ばれる三部作を読みました。

トッカン―特別国税徴収官― (ハヤカワ文庫JA) -
トッカン―特別国税徴収官― (ハヤカワ文庫JA) -

トッカンvs勤労商工会 (ハヤカワ文庫JA) -
トッカンvs勤労商工会 (ハヤカワ文庫JA) -

トッカン the3rd おばけなんてないさ (ハヤカワ文庫JA) -
トッカン the3rd おばけなんてないさ (ハヤカワ文庫JA) -

主人公は独身(25歳)の女性税務署員です。

あだ名は、”ぐーちゃん”...

上司からお小言や説教をされると、言い返さずに「ぐっ!」と奇声を発して言いたいことをガマンしてしまうからだという設定の女の子です。

しかし、おとなしい小心者というわけではなく、忘年会では同期の女の子と取っ組み合いのケンカをするという側面もあります。

勤務先は東京都心の税務署で、税金の滞納者相手の取り立てをする仕事に従事しつつ、人生に悩んだり、仕事に悩んだりしながらの日々を描きます。

なお、「トッカン」というのは”特別税務調査官”の略で、本庁(国税庁)から出向してきている鏡雅愛という副主人公のこと。
この人付き(特別税務調査官付き)に指名され、特別な徴収案件に携わることになったのが、ぐーちゃんこと鈴宮深樹ちゃんなわけです。

趣味は貯金のようです...

1作目の冒頭で、以下のように紹介されています...

「株でも下がったのかしら。そういえば、ぐーちゃん、冬のボーナスの行き先決めたの? この間山ほど投資のパンフレット持ってたじゃない」
いつも、わたしが休み時間に熱心に貯蓄について研究しているのを知ってか、木綿子さんは言った。
最近のわたしの趣味は、いかに利率よくまとまった金を預けるか、なのだ。悲しいかな、独り身で結婚の予定もない女にとって、すがれるのは預金だけなのである。


服装については、上司(鏡雅愛氏)から安物で固めているのを見抜かれます。
こんな感じ...

初めて鏡に会ったときのことだった。わたしはあの男、鏡雅愛に、会うなり「九千八百円の女」と言われたのである。
『それ、○井で先週セールやってたリクルートスーツの売れ残りだろう』
挨拶代わりがその一言だった。


トータル九千八百円と言われたのを、わたしは思い出した。リクルートスーツに量販店のブラウス、アクセサリーは福袋。靴は合皮。身につけているものの値段を全部当てられたことを。
『お前、本当に二十代の女か?』


彼女は神戸出身で、安定した公務員になりたくて上京したものの、税務署員になるための試験以外は落ちてしまい、最初は仕方なく勤め始めます。

そして、独身で彼氏なし...
節約生活を送り、貯金を増やしながら日々の仕事を頑張っているというありがち(?)な20代女子のパターン...

でも、ちょっとズレてるところもあったりするんです...

脱税をしようとしている銀座のバーのマダムの手下の女にダマされてトラップにはまり、”接待を受けた容疑”をかけらりたり...

栃木まで出張し、怪しげな運送会社に乗りこみ、荒くれ男たちを前にしてひるまずに、机の上に乗ってタンカを切ったり...

通常は実務に携わらない税務署長を強引に引っ張りだして、銀行の支店長に会ったり、裁判所に乗りこんだり...

その際、つぶやいた言葉がコレ...

最後の一手まで全力を尽くしてやる。下っ端のうちに切れるカードなんて、厚顔無恥以外なにもないのだ。


また、こうも言っています...

必要以上に落ち込まないようにするのも仕事のうちだ。ずうずうしく、ふてぶてしく。これは以前の事件からわたしが学んだことである。



こんな個性的で芯のあるこの女の子のハチャメチャな物語が展開されていきます...

いやあ、面白いですなぁ...
このシリーズとして3冊出ているのですが、あっという間に読み終えました...

テレビドラマ化もされていたようです。
↓↓↓
http://www.ntv.co.jp/tokkan/

気づきませんでした...
(知ってたら見てたんだけどなぁ)


さてこの本では、面白いだけではなく、税金や税務署関連のいろんなウンチクも披露されていていろいろと参考になります。

以下に一番気になった箇所を引用してみましょう...

「ぬかせ。国税徴収法は日本最強の法律だぞ。令状なしで乗り込めるのは税務署の徴収員だけだ。俺たちに怖いものなどない!」


「国税徴収法第一四二条により、国税職員は財産を捜索するために必要だと思われる箇所を強制的に解除、施錠の除去をすることが許されている。従って、あなたがここを開けない場合は、この自動ドアを割って侵入するが―」


国税徴収法の実態を知ったとき、わたしは心の底から震え上がった。恐ろしい法律だと思った。税務署が警察よりも強い権力をもっているということは、国にとって一番大事なことは人の命ではなく、税金を守ることなのだ。


そうなんですね...

著者の個人的見解が表われているとは思いますが、”国”というものは人命よりも財源確保の方が大事...

的(まと)を得ていますね...






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(2) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

『文明 西洋が覇権をとれた6つの真因』の感想(前編)

優秀な歴史家であり経済学者でもあるニーアル・ファーガソン氏の著作『文明 西洋が覇権をとれた6つの真因』を読みました。

単行本で545ページにも及ぶ大著であります。

文明: 西洋が覇権をとれた6つの真因 -
文明: 西洋が覇権をとれた6つの真因 -


著者はイギリス人...

かつて「七つの海を支配する大英帝国」を築いた誇りからか、”英国的なもの”に好意的です。

以下、著者自身の結論の章からの引用です。

個人の自由を至上とする西洋文明の基礎教材は何だろう。
私があげたいのは、ジェームズ国王の『欽定訳聖書』(一六一一)。アイザック・ニュートンの『自然哲学の数学的諸原理』(一六八七)、ジョン・ロックの『市民政府論』(一六八〇〜九〇)。アダム・スミスの『道徳感情論』(一七五九)と『国富論』(一七七六)、エドマンド・バークの『フランス革命の省察』(一七九〇)、チャールズ・ダーウィンの『種の起源』(一八五九)。さらに付け加えれば、ウィリアム・シェークスピアの戯曲、エイブラハム・リンカーンやウィンストン・チャーチルの名演説。もし私が座右の書として一点を選ぶとすれば、シェークスピアの全作品集だ。



とはいうものの英国以外にも目を向け、現在までの人類文明を鳥瞰的・客観的に見て、かつユニークな視点を加えて描いています。

世の中がグローバル化した現在、中高生が歴史の副読本として読むべき必携書とも言っていいほどの優れものです。

今の世の中の仕組みがどうやって出来てきたのかが把握できるからです。
もちろん、これ一冊では不足ではありますが...


さて、この本の内容ですが、
西洋文明が現在の世界のスタンダードになっている現状をふまえ、その原因分析をしながら1500年以後の世界史をたどるというもの。

その原因を6つ挙げてそれぞれに章立てしているのですが、うまく年代順にもなっているという優れものです...

そして、西洋が世界を制覇した原因は、@競争原理,A科学,B所有権,C医学,D消費社会,E労働倫理とのことです。

細かいところをはしょってまとめると、
科学技術を活かして高品質の商品を大量生産・大量消費する仕組みを作り、さらに個人の所有権と健康とを保障することによって、”豊かな消費生活を愛する一般大衆”をたくさん作りだしたこと。

これが、西欧型の生活スタイルを魅力的なものとし、アジアやアフリカの民衆をも惹きつけたこと。

その結果、西洋の社会制度が全世界に広まったのである...

こういう主張です...

いくつか引用してみましょう。

西洋の法律制度や政治モデルは、民主主義を含めて西洋以外の国の選択肢を取り換えさせることになり、あるいは従来のものを挫折させた。西洋医学は呪術医や祈祷師を脇に押しやった。


この五〇〇年間あまりにわたり、埋もれた天才を発掘して教育していくうえで、西洋文明ほど効果的に人間社会に寄与してきた文明はほかに見当たらない。



まさにその通りですね...

みんなが独裁政権を嫌うのは、一般人の自由や権利を束縛し、消費生活を楽しめないからですし、また我々は、西洋型の医療制度に対して無言の信頼を寄せています...

なお、”西洋”と言いつつ、旧EEC(英仏伊と旧西独およびベネルクス諸国)を中心とした西欧を指している感じでしょうか...

ちなみに、アメリカは西欧の分家と位置づけられています...

結論的には、細かな問題はあるにしても、個人の才能を開花させてそれを活かし、人の幸せに結びつける仕組みは、西洋文明以外に無いとの結び...

実際に世界の現実はその通りで、新興国といっても、民主主義かどうかは別にして、中央銀行や商取引・契約関連法規・簿記会計は西洋型ですし、消費を肯定し、富裕層を肯定(=所有権を肯定)し、医学を始めとした科学技術を活用・開発することを肯定しています。

そして、インターネットや通信の発達によって、今後とも、今の世の中が続いていくことは間違いなさそう...


長くなったので、続きは明日に...
(明日は、この本の中で知っておくとタメになりそうな箇所を紹介したいと思います)






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村