2018年04月25日

表参道にあるペルー料理のお店はアットホームな雰囲気でした

昨日のランチは、表参道にある『ALDO』さんに行きました。

ここはペルー料理出す珍しいお店です...

peru_1.jpg


お昼どきをはずして13時半過ぎに行くと満員で、しばらくお待ちくださいと言われました。

5分ほど待って店内に入りますと、そこはテーブル席が4つほどとカウンター席4つだけの狭い空間でした。

しかし、非常にアットホームな雰囲気で、客の大半は若い女性さん方でした。

ランチはメインディッシュを1つ選んで、他はスープorサラダ、ドリンクをチョイスする方式。

値段は一律¥1,000円(税込み)でした。

私は、ビーフと豆の香草煮込みとサラダ、ペルーの国民的ジュースだというふれこみのチチャモラーダをオーダーしました。

全部そろうのに10分くらいかかったかな...

peru_2.jpg

ジュースは色の割には飲みやすかったですし、サラダは普通においしかったです。

牛肉と豆の香草煮込みも日本人の舌にやさしい味付けでした。

じゅうぶんに楽しめますよ。

またいつか機会があらば、別のメインディッシュで試してみようと思いました。








ペルー料理&バル ALDO中南米料理(その他) / 表参道駅明治神宮前駅外苑前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

築地でマグロのカマ焼きを堪能...

昨日のランチは築地へ行って、有名なマグロのカマ焼きを出すお店で楽しみました。

『備長炭火焼じげ』さんです...

jige_1.jpg

テレビの夕方のニュース(日テレのevery)で紹介されていて、これは行っておかなきゃと思っていたお店なんです。

築地を毎日回ってマグロのカマを仕入れているという、ここならではのお料理をいただけるんです。

開店時刻の11時半を5分過ぎて到着したところすでに1階席は満杯でして、地下に案内されました。

地下はお座敷風になっていて、靴を脱いでくつろげましたのでかえって良かったかな。

カマ焼き(小)と刺身の定食(税込み¥1,000円)を注文します。

5分ほどでやって参りました。

jige_2.jpg

新鮮なお刺身を堪能し、カマ焼きを堪能し、お味噌汁を味わえて、これで千円ぽっきり...

安くないですか?...

私は安いと思いますねぇ...

コストパフォーマンス抜群、雰囲気も上々...

おススメのお店だと思います。









備長炭火焼 じげ 築地店 魚介・海鮮料理 / 築地駅東銀座駅新富町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

乃木坂46の生駒さんの卒業コンサートのライブビューイングに行ってきました

昨晩は、武道館で行なわれた乃木坂46の生駒さんの卒業コンサートを映画館のライブビューイングで楽しみました。

おとといが欅坂46のミニライブだったので、2日連続で坂道シリーズと呼ばれるアイドルグループのライブ観覧となりました。

とても素晴らしい週末で、生気がよみがえったというか、魂がリフレッシュした感じになっております...

見にいったのは、「丸の内ピカデリー」さんです。

ikoma_11.jpg


18時から21時近くにわたって、アンコール、ダブル・アンコールまで公演があったんですが、あっという間でした。

楽しいひとときって、すぐに終わるものですよね。

ライブの内容は映画館の大スクリーンに映し出され、美しい女性美と仲間を送り出すにあたっての様々な想いがこもった表情とがアップでとらえられていました。

そこには作為はなく、真摯な若き女性の真剣な想いの数々と、それでいてプロフェッショナルなダンサーとしての彼女らがステージ上を舞う姿のアーティスティックな価値とが自然と伝わってきました...

古いデビュー当時の映像も回想シーンとして出てきて、初々しさの残る普通の女の子たちが2017年にレコード大賞をとるまでの軌跡を感じられる演出にもなっていました。

チケット代は¥3,600円と、映画なら2〜3本分でしたが、それ相応の価値あるものでした。

きれいな女の子たちがステキな衣装を着て踊ったので目の保養にもなったかなぁ...

内容的には、名曲『制服のマネキン』の最後の披露、20枚めシングル曲の一部先行披露、生駒さんとメンバーとの思い出トーク・コーナー、Tシャツの背中にひと文字づつ書いた贈るメッセージの演出など、見どころもたくさんありました。

湿っぽさはまったくなく、素晴らしいエンターテインメントになっておりました。







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村