2017年04月09日

欅坂46の握手会に行ってきました

昨日は、千葉の幕張メッセまで、欅坂46の握手会に行って参りました。

あまりご存じない方に説明いたしますと、乃木坂および欅坂46の握手会には2種類あります。

全国握手会は飛び入り的に誰でも参加できる握手会で、握手会の前にミニライブが上演されます。

午前中がそのCDシングルのミニライブ、午後に握手、という感じです。

参加するには、”初回限定盤”というCDを買い、その中に封入されているイベント券が参加券になっています。

もうひとつの個別握手会はミニライブのない握手だけのイベントで、朝10時から夜8時頃まで、5部に分けて実施されます。

この個別握手会には、”劇場盤”というCDをfortuneミュージックさんのホームページから申し込んで、なおかつ抽選に当たらないと参加できません。

昨日の握手会は、後者の個別握手会でした...

ちなみに、握手券はこんな感じになっています。

akusyu.jpg

見ての通り、特定のメンバーを申し込む際に指定する形式になっています。

1枚でもいいし、数枚まとめて出してもいいんですが、1枚当たり5〜6秒くらいの握手時間です。

それでも、テレビに出てくる芸能人をすぐ目の前にして握手し、会話できるというのは、なんとも不思議な感じもしますし、消費者密着型・参加型ビジネスの成功事例としても非常に興味深いです...

1日で数千人と握手しなければならない方は大変かとは思いますが(ときどき体調不良で途中リタイアしたりするメンバーもたまに出る)、この消費者参加型・体験型のビジネスモデルはやっぱりよく出来ているなぁ...といつも感心します。


なお、どちらの握手会でも物販エリアというものが併設されていてグッズを売っています。

しかもものすごい行列がいつも出来てまして、飛ぶように関連グッズが売れているんです...

写真,タオル,ペンライト,Tシャツ,クリアファイルなんかですね。

いつも見ていて思うんですが、少子高齢化やモノが売れない不況やデフレってホント?、ってほどに活況を呈してます。

乃木坂および欅坂46はいずれもソニー系のグループ会社の運営ですが、両グループ共にAKBよりも最近は勢いがあって、また共に若者のファンが増えてきており、この商売は当分の間、好調に推移するんじゃないでしょうか...

すでに、乃木坂46については、ソニー本体の第2四半期決算報告書に掲載されているくらいです...

次のリンクの、pdfファイルとしての9ページめの上のほうです。
↓↓↓
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/library/fr/16q2_sony.pdf

”世界のソニー”の決算報告に出てくるからには「たかがアイドルグループ」って侮ってはいけないわけで、事業的な側面や、しばらく前に話題になった若者のニート問題の解決策のひとつ(=お金を稼ごうという動機につながるかも?)、さらには、東京オリンピック・イベントへの登場の可能性など、今後、いろんな展開も期待されるところだと思います...







posted by スイス鉄道のように at 09:00| 東京 🌁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

欅坂46のライブに行ってきました...

昨日は、原宿にある代々木第一体育館に欅坂46の1周年記念ライブを見にいきました。

開演前の様子です...

kaienmae.jpg


18時開演予定のところが20分ほど遅れ、最後は21時半を少し回るくらいまで約3時間強のライブでしたが、時がたつのを忘れるくらい楽しい時間を過ごせました。

この欅坂46さんは、アイドルらしからぬアーティストと言ってもよいグループです。

2016年の大ヒット曲で紅白歌合戦でも披露した『サイレントマジョリティー』のような尖鋭的な曲から、昭和レトロ調のフォークソング(ゆいちゃんずというユニットが歌う)や、雰囲気が出るバラード(『夕陽1/3』)、愛くるしいアイドル曲(『青空が違う』や『二人セゾン』)、みんなで輪になって歌う系の歌(『ひらがなけやき』や『W-KEYAKIZAKAの詩』)、珍しいポエトリーリーディングの曲(『世界には愛しかない』)、山口百恵調のソロ曲(『渋谷からPARCOが消えた日』)などのいろんな種類の曲があって、とてもバラエティーに富んでいて飽きさせないです。

そして、ダンスの振り付けは世界的なダンサーのTAKAHIRO氏...

見るだけの価値のある特徴的なダンス・パフォーマンスがステージ上で繰り広げられます...

さらには、曲ごとに変化するペンライトの色...

緑一色から青一色、さらには赤一色へと、会場全体が自然に統一されたカラーで染まり、それが移り変わる風景はとても美しくもあります。

観客は1万2千人だったそうですが、そのほとんどが中高生〜20代です。

若さをもらえた感じ...

ライブの内容も、会場の雰囲気も、盛り上がり方も...
すべてがとても良かったです...

いやぁ...
今も余韻が残っていて、幸せな気分です...








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(6) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

Zip春フェス2017に行ってきました

東京ドームシティホールで3日間に渡って開催中の日テレ主催の『Zip春フェス』...
↓↓↓
http://www.ntv.co.jp/zip/spring2017/

昨日、2日めに参加してきました。

harufes1.jpg

この日は、andropさん、欅坂46、チームしゃちほこ、SPYAIRの4組の出演となりました。

17時半〜20時半くらいまで、各アーティストさんの熱いステージ、および、Zipの桝アナ・川島海荷さん進行のトークコーナーが織り交ぜられた楽しいライブが行われました。

私のチケットはアリーナ(立見)で、お値段は¥6,500円(税込)。

harufes2.jpg

結構近い距離で見れました...

アーティストさんの表情まで確認できましたよ。

4組ともすごい盛り上がりました...

andropとSPYAIRは新曲を披露。

チームしゃちほこは、欅坂46の『サイレントマジョリティー』をカバー...

欅坂46はトークコーナーでモノまねを披露したりするなど、とても楽しい3時間でした。

なお、欅坂46のセットリストは、大人は信じてくれない,二人セゾン,世界には愛しかない,サイレントマジョリティーの4曲でした。

いずれも、これまでにない近距離で拝見させていただきました...

昨年、衝撃的なデビューを飾り、紅白歌合戦にも出た、今いちばん旬のグループを目に焼きつけることができました...

いい思い出になりました...

チームしゃちほこは、「人生50年、アイドルは5年。でも、6年目でもやってます」と自己紹介するテロップがステージ上の大モニターに流れました。

思わず笑っちゃいました...

SPYAIRさんはフランスや中国でもコンサートを成功させているバンドで、ガンガン系...

新曲だけはバラードだったけど、あとはステージと近いだけに耳が...
ヤバイ...

なお、最後にポーズして撮影するときにみんな応援グッズのタオルを上に掲げたんですけれど、”SPYAIR”のネーム入りのタオルよりも、欅坂46の個々のメンバーのネーム入りのタオルの方が多く、やっぱり一番多く来ているのは欅のファンなんだなと実感しました...








posted by スイス鉄道のように at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村