2018年04月23日

乃木坂46の生駒さんの卒業コンサートのライブビューイングに行ってきました

昨晩は、武道館で行なわれた乃木坂46の生駒さんの卒業コンサートを映画館のライブビューイングで楽しみました。

おとといが欅坂46のミニライブだったので、2日連続で坂道シリーズと呼ばれるアイドルグループのライブ観覧となりました。

とても素晴らしい週末で、生気がよみがえったというか、魂がリフレッシュした感じになっております...

見にいったのは、「丸の内ピカデリー」さんです。

ikoma_11.jpg


18時から21時近くにわたって、アンコール、ダブル・アンコールまで公演があったんですが、あっという間でした。

楽しいひとときって、すぐに終わるものですよね。

ライブの内容は映画館の大スクリーンに映し出され、美しい女性美と仲間を送り出すにあたっての様々な想いがこもった表情とがアップでとらえられていました。

そこには作為はなく、真摯な若き女性の真剣な想いの数々と、それでいてプロフェッショナルなダンサーとしての彼女らがステージ上を舞う姿のアーティスティックな価値とが自然と伝わってきました...

古いデビュー当時の映像も回想シーンとして出てきて、初々しさの残る普通の女の子たちが2017年にレコード大賞をとるまでの軌跡を感じられる演出にもなっていました。

チケット代は¥3,600円と、映画なら2〜3本分でしたが、それ相応の価値あるものでした。

きれいな女の子たちがステキな衣装を着て踊ったので目の保養にもなったかなぁ...

内容的には、名曲『制服のマネキン』の最後の披露、20枚めシングル曲の一部先行披露、生駒さんとメンバーとの思い出トーク・コーナー、Tシャツの背中にひと文字づつ書いた贈るメッセージの演出など、見どころもたくさんありました。

湿っぽさはまったくなく、素晴らしいエンターテインメントになっておりました。







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

欅坂46の全国握手会に行ってきました

昨日は朝早くから幕張メッセまで欅坂46のイベントに行って参りました。

今回は6thシングルの発売記念イベントということで、6thシングル収録曲を披露するミニライブと午後からは握手会がありました。

ミニライブはシングルCD(1枚1,400円台)に付いている参加券で見ることができ、とてもお得です。

いつも、約6〜7曲をこのお値段で観覧できるんです。

私は握手を含めてチケットを4枚用意しました。これは、シングルCDがタイプA〜Dまでの4種類あるからということもあります。

keya_swi_1.jpg


朝の幕張メッセの風景です...

keya_swi_0.jpg

ライブでは、NTTドコモのCMにも使われている『ガラスを割れ!』などが披露されました。



残念ながらエースの平手さんは欠席でしたが、その他のメンバーが頑張ってパフォーマンスし、ファンで一杯になった会場もおおいに盛り上がりました。

ミニライブを見終わったあとは、握手会に参加。

テレビでみるアーティスト(もはや欅坂46はアイドルではない?、と言われています)と握手しました。

終わったあとはヲタ友さんと飲み会です。

JR海浜幕張駅の近くにある飲み屋さんで楽しく歓談しながら飲み食い致しました。

ビールとお通し...

keya_swi_2.jpg

酒の肴の一部です...

keya_swi_3.jpg

酒と肴をつまみながら、欅坂46の話題、乃木坂46の話題、その他、AKBや芸能界全般の話題にも花を咲かせました。

とても楽しい一日になりました。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

黒糖焼酎『浜千鳥の詩』の感想...

今日は黒糖焼酎の話題を語りたいと思います。

以前紹介した『太古の黒うさぎ』(2月24日記事)、『朝日』(3月12日記事)に続き、今、買って飲んでいるのは『浜千鳥の詩』です...

hamachidori.jpg

価格は御徒町駅前のディスカウントストア『多慶屋』さんで¥1,200円ほどでした。

お味はスッキリ系で飲みやすく、度数が高いので酔いやすくもあり、ほんのりとした上品な甘みがするという高級感みたいなものも感じます。

これを嫌いな人はいないだろう、酒を飲める人でこれを飲むのに苦手な人もいないだろう、という感じ...

芋焼酎などと違って黒糖焼酎って、ほんとにリーズナブルな価格でかつ内容的にはブランデーなどと比べても引けを取らない質の高さがあるなぁって、あらためてこの『浜千鳥の詩』によって悟らされましたね...

Amazonの評価コメントも好意的なものばかりです。

私も、ずっと飲みつづけたいと感じましたね。

おススメですよ...

でも、まだまだ、もっともっといろんな黒糖焼酎を試してみたいなぁ、とも思います...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村