2020年03月28日

秋葉のアトレ内の手作りパン屋さん

おとといのランチは、秋葉原の『ドンクエディテ』さんでパンを買って帰って食べました。

アキバに行く用事があったので、用事を済ませたあと寄ったんです。

DoncE_1.jpg

お店はアトレの1階にあり、綺麗でオシャレ、商品が並んでいる場所の右側に工房が併設されていました。

買ったパンは以下の写真の3つ...

DoncE_2.jpg

アップルパイ、玉ねぎを練り込んだパン、紅茶とりんごのパンで¥866円(税込み)でした。

お味のほどは、普通のパン屋さんのよりひと味違うクオリティーだったように感じます(個人の主観です)。

確か、いつかテレビに出ていたんだよなぁ...

それで今回行ったわけで、テレビの紹介はハズレではなかったと思いました。







ドンクエディテ 秋葉原アトレ店パン / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

テリー伊藤著『お笑い外務省機密情報』の感想...

テリー伊藤著『お笑い外務省機密情報』を読みました。

題名の通り、タレントのテリー伊藤さんの著作ですが、少し古く20世紀末の出版です。

図書館で借りて読みました。

お笑い外務省機密情報 - テリー伊藤
お笑い外務省機密情報 - テリー伊藤

内容も当時の外務省の内幕を書いたもので、組織の恥部や体たらく中心に書かれています。

外務省OBや嘱託職員などに直に取材して聞き取った結果をふまえているので信頼性もあります。

今でもこの内容の通りか否かわかりませんが、我々の納めた税金がこんなふうに無駄に使われているのかとか、各国の日本大使館は官尊民卑の発想で在外邦人に接しているんだとか、情報収集をマトモにせずに現地マスコミ報道の切り貼り(スクラップ作り)で済ましているのだとか、あきれはてる事態や憂慮すべき事態が多々書かれていました。

特に外国へ行く際に参考になると思う点としては、こんなことがありました。

アルバニアで「国家崩壊」という、かつてない事態が起きた。誰もがアルバニア脱出に走り、アドリア海の対岸、イタリアの海軍が、押し寄せる難民満載の船を阻止しようとして、撃沈してしまうという惨たんたる悲劇まで起きた。
このときアルバニアには日本人12人が残っていた。
ところが誰ひとり、祖国日本の大使館には向かおうともせず、他国の大使館のいくつかに逃げ込んだ。
この事実は、世界中で、特にヨーロッパとアメリカの政府関係者、マスメディアに「不思議な話」として注目された。
……(中略)……
「日本大使館に逃げ込んでも、日本には救出の手段がないことを知っているからですよ」
これも世界の常識、日本の非常識なのだ。
つまり、世界中にいる在外邦人と、各国の政府関係者、ジャーナリストが、危機のとき日本大使館に逃げ込んだりしたら助からないことを知っている。


アメリカは海外で米国市民が危機にさらされたときは、「米国大使館か、アメリカン・スクールに逃げてください」という、明確にして簡潔なマニュアルをふだんから決めている。
そして、そこに海兵隊の輸送ヘリコプターが救出に行くのである。
しかし、日本大使館に自衛隊のヘリは決して飛んでこない。


う〜ん、コワイッスねぇ...

でも、著者および取材された外務省(匿名)の言い分として、「安全保障を戦後、アメリカ任せにしてきた我が国国民全体の意識のツケでもある」という指摘には、そうかもしれないとも思いました。

あらためて”主権国家とは何ぞや?”という認識を持つとともに、とは言うものの、日本国民の国際感覚や人権・人道に関する知識を鑑みると、我々自身の民度では英米仏のような存在にはなかなかなれないとも感じました。

なお、本の内容としては、こんなシリアスな話題だけではなく、エロチックなスキャンダル実話や現地公館の贅沢な暮らし、ハチャメチャなエピソードなど、楽しいものになっております。

ぜひ一度、ご一読をおススメします。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

渋谷の穴場のとんかつ屋、それもミソトン!

おとといのですが、渋谷に行く用事があって駅近で夕食を摂りました。

訪問したのは『奥三河』さんといい、渋谷駅前から少し離れた閑散としたエリアにあります。

mikawa_1.jpg

お店の前に出ていたメニューです。

mikawa_2.jpg


入店したのは夜の営業時間である17:30を15分ばかり過ぎた頃。私が最初の一人目でした。

愛想のいいおばさんが迎えてくれました。調理は旦那さんのよう。ご夫婦でやっておられるみたいです。

メニューにはいろんな種類のとんかつ定食があって違いがわからなかったので、どう違うんですか?と聞きました。

すると、「特上は棒状にして串カツのように揚げたもの、後は量が違うくらい」とのことでしたので、普通に味噌カツ定食(¥1,250円)を注文しました。

すぐに漬物と冷奴がきて、さらに4〜5分後に残りが供されました。

mikawa_3.jpg

カツは小さく切られていますし、味噌の具合も上々でした。

その他、キャベツの切り具合、味噌汁の内容、すべてがとても丁寧に作り込んである良心的なお店という感じです。

ご店主と接客係のおばさんの人柄が表れているようにも感じました。隠れた名店という感じです。

早い、リーズナブル、うまい、空いている、の4拍子揃ったおススメのお店です。






とんかつ 奥三河とんかつ / 渋谷駅代官山駅恵比寿駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4





posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

高輪ゲートウェイ駅を見学してきました

少し前のことになるのですが、先々週オープンした山手線の新駅、”高輪ゲートウェイ駅”を見学に行ってきました。

といっても、下車はせず、家に帰る途中で電車を降りて駅構内のみの見物です、安く済ませるために(笑)。

gateway_1.jpg

gateway_2.jpg

吹き抜けから見下ろす景色は今までなかった目新しいもので、多くの人が下を見下ろしていました(1枚目の写真参照)。また、2枚目の写真にあるように音声案内ロボットも設置されていました。

まさに未来志向の駅になっていました。

なお、駅前の再開発もこれからだそうですし、駅構内のニュータイプの売店(下記写真。タッチ・アンド・ゴー)の開店も準備中でした(先週時点での撮影です)。

gateway_3.jpg


しかし、全般的な感想としては、今後の新しい首都東京を感じさせるワクワクするような新駅に仕上がっていたという印象でした。

新型コロナウイルスの流行の収束もまだまだ先そうですし、その経済への悪影響も懸念されるところですが、こういう新規開発案件は世の中が絶えまなく先へ動いていることを実感させてくれると同時に明るい未来への期待も維持させてくれ、気分が明るくなりますね。

今後の進展を楽しみにしつつ、近未来に再訪したくなる活気のある環境を心待ちにしたいです。







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

メルペイでお得にビール6缶セットを購入しました

ただ今、電子決済システムのメルペイさんでキャンペーン実施中ですね。

コンビニ、ドラッグストア、飲食店とまちのお店の一部にてメルペイで決済すると、3,000ポイントを上限(1回当たりの上限は500ポイント)として50%のポイントバック(実質的にキャッシュバック)がされるというもの。

つまり、なんと”半額キャンペーン”です!

キャンペーン用サイトはコチラ...
↓↓↓
https://jp-news.mercari.com/2020/02/29/fever-shops/


私はこの仕組みと通常のスーパーのクーポン券を組み合わせて、ビールの6缶セットを半額以下で購入しました。

まずは使ったスーパーのクーポン券です。

yebisu_1.jpg

ご覧のように¥100円引きのクーポン券です。

そして、購入したビール6缶セットはタンブラー付きでした。

yebisu_3.jpg


定価は¥1,185円で、税込みだと¥1,304円です。クーポン券で―100円,ポイントバック500Pなので、実質¥704円でエビスビール6缶とタンブラーをゲットできました。

ビール1缶当たり約100円というところでしょうか。

大変お得に買い物ができ、上々の成果をあげられました。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村