2020年07月04日

納富信留著『ソフィストとは誰か?』を読んで

納富信留著『ソフィストとは誰か?』を読みました。

著者は西洋哲学、それも古代哲学の研究者です。それで、久々に本物の学者の読みごたえのある名著に出会えた気がしました。

ソフィストとは誰か? (ちくま学芸文庫) - 納富 信留
ソフィストとは誰か? (ちくま学芸文庫) - 納富 信留

内容としては、ソクラテスに始まりプラトン,アリストテレスから近代哲学・政治学へと至る知の本流からあぶれた位置づけにされている「ソフィスト」という古代ギリシアにおける知識人の一群に焦点を当てて論じています。

通説では、詭弁家,似非哲学者,悪しきポピュリズムの助長者とされていますが、そうではないということを総合的に論じたうえ、”話し言葉”を重視する文明論にまで踏み込んでおりました。

”書き言葉”を重視する文明 … エジプト、メソポタミア、中国、近代西洋
”話し言葉”を重視する文明 … 古代ギリシア、日本

くしくも、日本は古代ギリシアと共通点があり、話し言葉が言霊や祝詞となって尊重される”話し言葉”に力(パワー)を認める文明タイプに属します。

著者は言います。”話し言葉”を軽視するのは一方の立場に過ぎないと...

ゴルギアスの言論技法は、哲学が目指す論理の演繹性や体系性、さらに一般性とは異なり、目の前の聴衆がどう言論に反応するかを考慮し操るものである。……(中略)…… その場の「時宜」を活かし、聴衆の関心や場の雰囲気を読みながら、核となるアイデアをもっとも効果的に相手に伝える言論の技法が、社会において要求されたからである。


「時宜」という概念は、弁論術の鍵として、現代でも大いに注目されている。


ギリシア人が発明した二四文字のアルファベットによる全ギリシア語の音声表記は、文明の進歩において画期的であった。読み書きの習得がきわめて容易で、専門技術を必要としないため、民主政下で多くの人々がその能力をもって政治に参加できたからである。他方で、習得の容易さは、社会における「文字」の権威をあまり高めなかった。


書く営みは、つねに従属的な意義しか持たず、おもに奴隷や下僕の仕事とされた。この特徴は、オリエントの先進文明と比べると際立つ。エジプトの神聖文字やメソポタミアの楔形文字は、「書紀」や「神官」といった社会的に高い身分の者たちに独占されていた。文字に通じることが文化人の条件であり、政治や宗教への権力を意味していた。


書くことは、多くの時間をかけて修正を加え、先行例を収集して真似できるため、素人にさえ容易な、ありふれた営みである。他方で、時宜に応じてその場で適切な考えを言葉に組み立てることは、長い訓練が必要な困難なことである。


言われてみれば確かにその通りで、即興のトーク、それも大衆の面前で行なう演説のいかに困難なことか...

”書き言葉”は確かに文明の基礎であり、重要すぎるほど重要ですが、話し言葉によって多くの人を魅了する技術というものも人間社会にはとても重要なものであり、そこを価値の低いものと断定するのはフェアーな態度ではないのだということが学べました。

事前に思っていた以上に値打ちのある一冊でした。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

讃岐うどんのいい店、見つけた!

おとといのことですが、朝ゆっくりだったので遅めのランチを軽い外食にて。

訪れたお店は、御徒町駅前の『つるもちうどん』さんです。

tsurumochi_1.jpg

前から知っていた店ですが、いつでも行けるということもあり、かつまた特に行く必要性を感じなかったので行ったことがありませんでした。今回が初訪問となります。

行く気になったのは、”讃岐うどん”で「これは!」という名店を2大有名チェーン店(丸亀製麺、はなまるうどん)以外で見つけようと思ってのことです。

お店の前に出ていたメニューです。

tsurumochi_2.jpg


15時半過ぎに入店すると客は一人もおらずガラーーンとしていました(私が食べている最中に一人、入店してきましたが)。このあたりは競争が激しいため、単なるうどんだと厳しいのでしょうね。また、夏だということもあるのでしょうかね。

注文はチェーン店と同じくセルフサービスでカウンター越しに注文を入れる方式でした。

”月見とろろぶっかけ”(¥650)と”ししとう天”(¥130)を取りました。

tsurumochi_3.jpg

私自身とろろ好きということもあり、とても美味しかったのですが、食べてる途中からちょっと後悔が。

というのは、卵ととろろの味が濃厚過ぎておダシの味がよくわからなかったんですよね。

ここは鰹節を使ったダシが名物らしく、それをわざわざ事前にネットで調べてから行ったにもかかわらず。

お店の座席の真ん前にもこういう説明書きが貼ってあるくらい、それがここのウリみたい。

tsurumochi_4.jpg

事前調査が活きてないやん(笑)。

近いうちにもう一度きて、今度は熱々のかけうどんを食してみようと思います。なお、お店の冷房はガンガンに効いており、熱いうどんでも気持ちよく食せそうな環境でした。

また、クレジットカード決済が可能でした。現金いらずでカードの恩恵も受けることができ有難かったです。






つるもちうどん 上野御徒町店うどん / 御徒町駅上野御徒町駅仲御徒町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

都知事選の期日前投票に行ってきました

おとといの事ですが、都知事選の期日前投票に行ってきました。

期日前投票は28日から本格的に開始されており、近場の投票所が開設され行きやすくなっています。

chijisen_2.jpg


今回の候補者は、泡沫候補を除けば、与党推薦の小池氏、左派共立の宇都宮氏、維新の党推薦の小野氏、独特のキャラクターで注目を集める山本太郎氏の4強での争いといったところでしょうか。

chijisen_1.jpg

いずれも甲乙つけがたいですね。これといった人が見当たらないという...

そんななか、私が入れた候補者は小野氏です。

小野氏は前熊本県副知事ですから実務能力があり、東大卒で頭もよく東京都出身です。

派手なパフォーマンスの反面、実務能力に疑問のある小池氏よりも良いかな、と考えました。

小池氏の当選は確実視されていますが、他候補がどこまで肉薄するか?...

当日の開票結果が楽しみです。


投票後はティッシュをいただきました。

senkyo_1.jpg

ティッシュはできるだけいろんな機会でもらうことを心がけています。ちょっとしたことでも家計にプラスになりますからね。

東京都に幸あらんことを願います。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

アキバの裏ゾーンにある街中の立ち食いソバ

昨日はブランチを『二葉』さんというお店でお蕎麦にしました。

ドラマ『ハケンの品格』に出ていたこともあり、近所にありながら今まで一度も行ってなかったため、一度行っておこうかなと思い初訪問です。

場所は、秋葉原のにぎわいゾーンとはちょっと離れたところの街中にあります。

hutaba_1.jpg

朝の混雑時をはずして10時すぎに訪問しました。客は誰もおりませんでした。

入店すると目の前にメニューの札がかかっていました。名物だと言われる”イカのかき揚げ天(¥140)”をすぐに見つけます。

それから”ワカメうどん(¥390)”を目に留めたので「ワカメで蕎麦も出来ますか?」と聞くと「できる」とのことだったのでそれで...

また、このお店は座席はなく立ち食いとなっております。

注文後、3分ほどで提供されました。さすがに立ち食いでしかもソバなだけあって速いですね。

hutaba_2.jpg

名物だというイカのかき揚げはとびきり美味しいというわけではなく、イカをかき揚げにしたのがレアーということなんでしょうね。

麺は食べログの口コミにあるように太く、もちもちしてました。人によって好みは分かれると思いますが、基本ソバ好きの私はどうでもいい感じ。

お腹が空いていたこともあって、最初から最後まで美味しくいただきました。

なお、不思議なことに、街中の昔ながらの蕎麦屋さんなのにPayPayが使えました。






二葉立ち食いそば / 秋葉原駅末広町駅岩本町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

グルメ番組に出ていた六本木のナポリタン

昨日のランチは『東京イート』というグルメ番組で紹介されていたお店に行ってきました。

六本木にある『霞町ナポリタン』というお店です。

表通りから引っ込んだ狭い道沿いにひっそりとたたずんでありました。

kasumi_2.jpg


訪れたのは昼食時をはずした13時過ぎでして、私以外に客はいませんでした(私が食している間に男の2人連れが入ってきました)。

メニューはナポリタンの一品だけで¥900円也です。ドリンクはアイスコーヒーにし、大盛り無料なので大盛りを頼みました。

注文してから5〜6分で供されました。

kasumi_3.jpg

普通のナポリタンですね。また、大盛りといっても男性にとっては普通盛りというところでしょう。

ただお店の雰囲気と立地場所が良く、よそ行きの気分で食せるという点でプラスアルファがあるという感じでしょうか。






霞町ナポリタン洋食 / 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村