2020年03月22日

表参道で豪華な朝食

おとといのことですが、朝に表参道に行く用事がありましてその際朝食を摂りました。

それも超豪華な¥1,000円超のモーニングセットを、です。

行ったお店の名前は『パンとエスプレッソ』さん。表参道の通りから引っ込んだ住宅地の中にあるお店です。

omotesando_1.jpg

お店の前に出ていたモーニング・メニューです。

omotesando_2.jpg


せっかくだから優雅に行こうと思い、”ウィークエンド・ブランチセット(¥1,650円)”をオーダーしました。

注文後すぐにオレンジジュースが供され、一緒に先行してジャムが持ってこられました。

omotesando_3.jpg

3〜4分して残りのものがすべて持ってこられました。見ての通り豪華ですし、目にしただけでリッチな気分にもなります。

omotesando_4.jpg

いろんなものが乗っかってきていろいろと味わえましたし、パンの種類もそれなりに満足できるほどきました。

お味はパン以外は普通ですかね...

パンは素晴らしいですけどね。

それに、やっぱりこの店のウリの一品はフレンチトースト(15時以降のみ提供)でしょうか。いつかそれ狙いで再訪しようと思いました。







パンとエスプレッソとパン / 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅

昼総合点-






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

チェーン店の恩恵で初訪問は餃子無料!

おとといの夕食ですが、前から行きたかった評判の中華料理店に行ってきました。

『揚州商人』さんと言い、チェーン店なんですがその新橋店を訪問してきました。

yoshu_1.jpg

お店に着いたのは夜の6時前でしたが、私の前に客はおらず、店内はガラ――ンとしていました。「まさか、新型コロナウイルスの流行のせいで風評被害か?」とも思いましたが、後でTwitterをのぞいてみると他店は盛況のようでしたから、ここ新橋店の周辺が競争激化地区なんですかね。

さて、初訪問でしたが、席に着くなり、「このアプリを入れていただくと、餃子か杏仁豆腐無料となります」とお茶を持ってきてくれた店員さん(お兄さん)が説明してくれます。

それならと、アプリをスマホにインストールして餃子一皿をオーダーしました。他に青菜ラーメン(¥910円)を頼みます。

4〜5分ほどして餃子が、さらに3分ほど経過してラーメンがやって参りました。

yoshu_2.jpg

¥910円のラーメンのほうは麺も具もたっぷりでした。創業者が元中国人ということでボリューミィなんですかね。日本人が開くラーメン屋だったらもっと量は少なくなるはず。

餃子も具がたっぷり入っていてボリューム感ありましたよ。

その他の気づいた点としては、お冷(水)じゃなくジャスミン茶でした。コップに入って来たのは。

こうしてみると、日本人系の中華料理店の欠点が垣間見えた気もしますね。

もう一度くらいは行きたいと思います。今度はご飯ものを、そうだな...

チャーハンを一度試してみたいな。






中国ラーメン揚州商人 新橋店中華料理 / 新橋駅汐留駅内幸町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4





posted by スイス鉄道のように at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

房総の海を眺望できる有名人も来たことのあるお店

昨日、青春18きっぷを使って房総方面に小旅行をしてきました。

そこでランチを摂ったお店がここ、漁師料理の『かなや』さんです。

kanaya_1.jpg

海沿いの道路から直結の、海に張り出した小さな岬の上にあります。

お店の玄関を入ったばかりのところに、過去にこの店を訪れた有名人の色紙がたくさん飾ってありました。

kanaya_3.jpg

乃木坂46の白石麻衣さん、卒業性の橋本奈々未さんのサインもありましたよー

kanaya_4b.jpg


店内は広大な空間で、テーブル席多数、畳席も奥にありました。

kanaya_6.jpg

私は海を見渡せる窓際の席に着きました。

kanaya_5.jpg

なお、時刻は10時半頃でして、まだほとんど人は入っておりません。

メニューは豊富で(下の写真はほんの一部)、迷った末に”黒あわびの釜飯定食(税別¥1,860円)”を注文します。

kanaya_8.jpg

15分強ほどして到着です。いちから炊くので時間がかかるんです。

kanaya_7.jpg

内容は見ての通り盛りだくさん...

かじめ汁、あわびはじめ海産物のたくさん入った釜飯、お刺身、デザートのまんじゅうから構成されています。

税込みで¥2,000円を超えましたが、珍しいかじめ汁や新鮮なお刺身など、そのお値打ちを考えれば満喫できるお料理だったと思います。






漁師料理 かなや魚介・海鮮料理 / 竹岡駅浜金谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5






posted by スイス鉄道のように at 05:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

渋谷にあるメキシコ料理店のランチ

少し前のことになるのですが、渋谷でメキシカンなランチを摂りました。

タワレコさんと交差点を挟んですぐ真向かいにある『グズマン イー ゴメス』さんです。

前々から目についていたので一度は行ってみようと思っていたお店です。私は辛いもの好きですし、メキシコも好きですので。

入店したのは13時過ぎ。店内はハンバーガーショップやケンタッキーと同じくファーストフード店仕様で、注文用カウンターと座席2種類(1人掛けとテーブル席)がありました。

座席数はそんなに多くなく、お昼どきを過ぎていたにもかかわらず、満席ではないものの空いている席は2〜3席でした。12時台だったら待つハメになっていたのかな。ラッキー...

席を取った後、注文に行きました。タコスでは芸が無いと思い、ナチョスというものを選び、さらにセットのドリンクを頼みました。お値段はしめて¥1,070円(税込み)。ちょっとお高めですね。なお、支払いはPayPayが使えました。

ドリンクがすぐその場で出て、3分ほどした後、ナチョスを席まで持ってきてくれました。

mexico_1.jpg

お味はピリ辛で、味は日本人好みの仕様になっていました。美味しいです。

でも、このボリュームと内容で千円越えはコスパは少々悪いですね。これだと、同じ渋谷の近くにあるメキシコ系の他のお店に行った方がいいかもと思いました。






Guzman y Gomez 渋谷店メキシコ料理 / 渋谷駅明治神宮前駅神泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2






posted by スイス鉄道のように at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

福冨健一著『共産主義の誤謬』を読んで

福冨健一著『共産主義の誤謬』を読みました。

著者は、日本の政界のなか、民社党を皮切りに、民主党,自民党と渡り歩いてきた方です。

保守リベラル派でありながら、共産主義がいかに誤っているかという点をアカデミックに立証しておられます。

共産主義の誤謬 - 保守政党人からの警鐘 - 福冨 健一
共産主義の誤謬 - 保守政党人からの警鐘 - 福冨 健一

今回、あらためて学んだこともたくさんありましたし、資本主義社会からの収奪と経済発展の可能性が無い”共産主義”というものがいかに誤っているかを再認識できました。

そのことを一番よく表しているのがこの一文です。

ロベスピエールの独裁政治の理論的拠りどころとなったのが、ジャン=ジャック・ルソーの「一般意思」である。そのためロベスピエールは、「ルソーの血塗られた手」とも呼ばれる。


共産主義における民主主義は、個人と国家全体の意思が一致するような意思、すなわちルソーの唱える「一般意思」を引き継いでいるので、部分意思の代表である政党は不要となる。つまり、全体主義国家となってしまう。


レーニンがフランス革命のときのロベスピエールにあこがれていたのは有名ですし、労働者の天下が来ると国家もいらなくなるという主張は、フランス革命の際の”第三階級”中心主義にそっくり。

また、フランス革命が宗教(カトリック教会)を弾圧したのも、共産主義のいう「宗教はアヘンである」に通じます。

流血の人民革命であるフランス革命の系譜を引くのが共産主義なんだなということがあらためて確認できました。

このことは、共産主義のシンパでもあった戦中〜戦後日本の学界でも共産主義に異論を唱えた学者さんの系譜があり(東大から追放された河合教授とその弟子の系譜)、そこでも指摘されているようです。

東大教授であった河合栄治郎は、共産主義について、「国家を階級国家と見るのは、誤謬である」 と、マルクスの国家観の誤りを指摘している。河合の門下である関嘉彦は、「プロレタリアート独裁国家は、一党独裁が当然の帰結である」 と、共産主義は独裁国家になると指摘している。


河合栄治郎は「国家死滅論」に対し、マルクス、エンゲルスの国家論は、国家が何であるかの認識に於て誤り、更に強制権力の必要が社会主義の実現と共に消滅すると解する点に於て誤る。(『社会政策原理』)と「国家死滅論」は「誤り」であると断じている。


まさにその通りだと思いました。

また、日本の労働組合の歴史と状況も把握できました。

以下に引用します...

資本主義を前提としてマルクスの階級闘争史観を拒否した組合は、かつての民社党系の自動車総連や電力総連などで構成された同盟(全日本労働総同盟)である。


戦後の労働組合運動は、GHQにより全労連が解散させられ社会党系の総評(日本労働組合評議会)と民社党系の同盟(全日本労働総同盟)が主流となる。


同盟は、(中略)生産性向上を否定するのでなく、労使協調を基本にしている。これに対し総評は、「生産性向上は、労働者に搾取と労働強化をもたらす」と、生産性向上を否定している。


イギリス労働党は一九〇〇年に結党するが、結党当時から議会制民主主義により労働者の権利を向上させようと活動した。当時、イギリスの社会主義は「民主社会主義」と呼ばれ、ファシズムと共産主義を排除した。


イギリスの例に倣い日本の民社党は、共産主義を排除した社会主義ということから「民主社会党」と名付け、その後「民社党」とした。


労働組合総連合ナショナルセンター(全国組織)を調べると、連合(日本労働組合総連合会)六八九万人(民進党系、旧総評・旧同盟)、全労連一〇八万人(共産党系)、全労協(全国労働組合連絡協議会)一二万人(社民系)である。


民社党の系譜が日本の政界再編の歴史のなかで消滅・埋没してしまったのはかえすがえすも残念です。

貧富の拡大のなかで再び勢いを増す日本の共産主義...

リベラル保守の立場からは安倍政権を推すしかないようにあらためて思いました。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村