2018年08月10日

オムライスとスープのセットがお得...

昨日のランチは、秋葉原駅ちかくの『ウ・エ・レギューム』さんへ行ってきました。

oef_1.jpg

まだおとといに開店したばかりの新しくできたお店です。

開店時刻の11時すぎに入店したところ、私が一番乗りでした。

オムライスとスープのセット(¥730円)を注文しました。

スープはハンガリーのスープだというグヤーシュを選びました、ライスの大盛りは無料でした。

席に座ってしばらく待ちます...

1分ほどで「できました」と声がかかります。セルフサービスなので取りに行きました。

oef_2.jpg

量はそんなに多くはないですが、スープは美味しかったので、スープとのセットとして考えればまずまずのコスパじゃないでしょうか。

ただ、オムライスの味付けは甘めでして、私のようなどちらかというと辛党にはちょっと合いませんでした。辛党の方はどうぞお気を付けください...

なお、ハーブティーと冷たいお水のサーバーが設置されていて、飲み放題でした。

モーニングセットではフレンチトーストなんかもあるらしく、今度は朝に来てもいいかなーと思いました。







œufs et Legumes ウ・エ・レギュームオムライス / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2










posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

港近くの食堂はボリュームたっぷりだった...

おとといのランチは、大磯港にある『めしや大磯港』に行ってきました。

ooiso_2.jpg

開店時刻の11時を20分ほど回って入ると、平日の不便な立地にもかかわらず、お客さんは6〜7割ほどと盛況でした。

迷ったすえ、刺身定食(¥2,000円)を注文しました。

3〜4分ほどで持ってきてくれました。

ooiso_2b.jpg

見ての通り、たっぷりのボリュームです...

刺身だけでなく、小魚の焼き物が3匹も入っていたのはうれしかったです。

朝食を摂っていたのでお腹がペコペコというわけでなく、満腹感は味わえなかったのでそこがちょっと残念だったかなぁ...

また、お店をでるときは焼き魚の香ばしい匂いがぷ〜んと漂っていたので、刺身じゃなく焼き物の定食を頼むのも手だったかな、とちょっと残念な気もしました。

お値段はそれなりにしますが、おススメの港の食堂だと思います。









めしや 大磯港魚介・海鮮料理 / 大磯駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

大磯を観光してきました...

昨日、大磯に行き、のんびりと観光をしてきました...

青春18きっぷを使って神奈川から東京へ向かう通勤客とは逆方向に東海道線に乗り、11時前に大磯駅に到着。

まずは、明治時代、日本随一の海水浴場といわれた照ヶ崎付近へと徒歩で向かいます。

ooiso_1b.jpg

ooiso_1.jpg

朝方、東京を発つときには小雨がぱらついていたのですが、ご覧の通り、昼前には快晴となり、とても気持ちの良い風景が拝めました。

この後、港にある食事処で刺身定食に舌鼓みを打ちました(別途、明日の記事にします)。


さらに、ぶらぶらと歩いて、旧跡・鴫立亭へ...

ooiso_4a.jpg

ooiso_3b.jpg

続いて、島崎藤村旧宅へ...

ooiso_3.jpg

昔の日本の木造建築っていいですねぇ...

何か、”心”が癒される気がしました。


そして、この日のメインの観光スポットとして予定していた城山公園へ行きました。

まずは入館無料の大磯資料館へ入りました。

ooiso_5.jpg

冷房が効いた館内で、大磯の自然や歴史についての展示を楽しみました。

戦前の華族様や財閥の当主の別荘の写真や、明治時代の海水浴場の絵が特に面白かったです。

大磯の自然については、南に面し、北には海岸近くまで山が迫って北風を防ぎ、リタイアメントにとてもいい土地だとか。

だから、明治時代から大人物たちの別荘が立ち並んだんだそうです。

冬に北風を防ぐ地形がポイントだったんですね。勉強になりました...


続いて、戦後の日本を支えた吉田茂元首相の旧宅へと向かいます。

まずは門です。

ooiso_6.jpg

中に入ると、壮大な日本庭園が広がりました。

ooiso_7.jpg

そして、お屋敷です。

ooiso_8.jpg

見学料は500円ですが、とても安い感じがしました。

マントルピースがあるリビングに、巨大な食堂、富士山が見える居室、寝室、書斎...

どれもこれも、一見の価値がありました。

帰りはバスに乗って大磯駅まで戻り、電車で東京へと帰りました。

心の洗濯ができた一日になったなと思いました。








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村