2017年07月10日

『アメリカもアジアも欧州に敵わない』を読んで...

最近、円や米ドルの値動きがいまいちな反面、ユーロの強さが目立ちますね。

そして、木曜日には、EU(ヨーロッパ連合)と日本との経済提携成立か?、といったニュースが飛び込んできました。

ワインやチーズもゆくゆくは関税が撤廃されていくということで、消費者にとっては朗報ではないでしょうか?

そんな中、『アメリカもアジアも欧州に敵わない』という本を読んでみました。

アメリカもアジアも欧州に敵わない―「脱米入欧」のススメ (祥伝社新書) -
アメリカもアジアも欧州に敵わない―「脱米入欧」のススメ (祥伝社新書) -

この本をひとことでいうと、ヨーロッパの見直しです...

以下、引用です。

われわれが属している文明の本流は何かというと、明らかに、ヨーロッパに源流を持つものなのである。


新しいヨーロッパの将来については、アングロサクソン人の情報操作に惑わされた日本人はつねに悲観的だった。


アメリカNo1といった情報に突き動かされ、ヨーロッパは元気のない老大国ばかりという印象を多かれ少なかれ我々日本人は頭の中に抱いているかもしれませんが、そうじゃないんだというわけです。

いまや、ヨーロッパは確実にアメリカを凌ぐ、世界最大の統一市場である。


環境問題や人権問題や男女共同参画でも、ヨーロッパこそが世界の先端にある。


なぜフランス革命が民主主義の原点かというと、国民主権と立憲政治、そして、「自由・平等・博愛」という人権についての普遍的な原則を確立したところにある。


だが、そうした思想を最終的に具体的な諸制度に反映したのには、ナポレオンの天才が大きくものを言っている。隙のない法典、充実した公教育、均一的な地方制度、全国民を基礎にした軍隊、安定した通貨などは、いずれも、彼の創造物であるといっても過言ではない。


ヨーロッパならではの値打ちは、「知的」であることが尊重されているということだ。ブッシュ大統領において典型的に示されているように、アメリカでは、「いい奴」であることが政治家にもっとも求められているらしい。


ヨーロッパ文明が、なぜ「進歩」を実現してきたかといえば、そうした高度な知的営みを尊重するとともに、「学ぶ」、「考える」、あるいは「教える」ということの重さを認識していたからではないか。それと比べると、同じ古い文明国であっても、東洋では、丸暗記することが知識人の主たる資格とされてきたように思う。


アメリカ人には、過去とか理屈に捉われない純粋な正義感があるし、世のため人のためと思えば財産や命も惜しまない潔さもある。しかも、強大だ。だから、世界の警察官、というより保安官たり得るし、日本の安全保障をどこかの国の武力に委ねようとすれば、ほかに選択肢はないだろう。


ただ、アメリカは世界の警察官でなく保安官だといったように、きちんとした規則とか理に適った意志決定の仕組みで動くのでなく、その場その場の思いつきで動くやっかいな存在でもある。「陶器店に入ってきた善良な象」というたとえは、この国をよく表わしている。


いまや、たとえば、日本が外貨準備をドルからユーロに乗り換えれば、世界経済の中心は欧州に移るだろう。


民主主義も、共産主義も、社会主義も、これらを考え出したのはすべてヨーロッパ人であり、アメリカ人ではありません...

知的創造力という点では、やはりヨーロッパの方が一枚も二枚も上だということですね。

また、ロシアも広い意味ではヨーロッパの一部ですが、旧ソ連とその成果についても考え直す必要があるようです...

ブルガリア人の数学者と同乗して、彼の身の上話を聞いたことがある。(中略)「だが、研究者としてはモスクワに戻るのが理想だ。ロシアには数学のような抽象的な思考に向いた精神風土がある」と、付け加えたのが印象的だった。


北京の中国科学院の幹部たちと紫禁城の隣にある北海の「仿膳飯荘」という料理店で会食したことがあった。その時、彼らは異口同音に留学生活を送った一九五〇年代のモスクワの素晴らしさを褒め称えた。


「ソ連の社会主義は最初から間違っていたので、一時期の栄光は幻だった」といった最近の評価には、必ずしも賛成できない。社会主義は少数で単純な目標に重点を絞り込むべき時には、早く成果を上げる。飢え死にをなくし、戦車を大量に生産し、人工衛星を打ち上げ、オリンピックの金メダリストや素晴らしい音楽家やバレリーナを育てるといったことには、ソ連は大成功を収めたのだ。ところが、目標が多様化してくると、市場機構のような見えざる手をそこそこ活用した方がうまくいく。もし、フルシチョフが一九六〇年ごろに政策の大転換をしていれば、社会主義に違う未来があったのかも知れない。だが、ブレジネフなど守旧派の巻き返しでフルシチョフは失脚し、それができなかったのである。



また、北欧型の男女共同参画型福祉社会についても、この本は見直しを迫っています。

スウェーデンの基本ルールは、「勝手なことをさせない」ということだし、国民がそれを受け入れている。行きすぎた高福祉高負担ということは、誰もが型にはまった生活と人生を送らねばならないことを意味する。身分証明書が必要な場面がやたらと多く、プライバシーも何もあったものではない。甘えは許されず、弱者も最大限の努力を要求されるし、自分で要望しない限り、周りが意を察してくれることはない。合議制が盛んとかオンブズマンの制度があるということは、結論において独創性が否定されることにもつながりがちである。また、市民一人一人が時間を取られるし、責任も重い。


外で働きたいという女性の希望が叶えられことは疑いなく必要だが、それを願わない人にまで、そうした価値観を押しつけるのが、無条件にいいとは言い切れまい。



また、初めて聞いた話しとして、こんなことも...

毎年、一一月一一日には、パリ在住の日本人は第一次世界大戦の戦勝国の一員として胸を張ることができる。凱旋門の下で行なわれる式典には、日本大使も連合国の主要メンバーとして参列できるわけだ。


日本が「戦争に勝った国」として扱われる場所・日付けがあるんですね!

これは、”目から鱗”...

いろいろと考えさせられる一冊でした...







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

金曜日の株式売買結果報告

先週末の金曜日(7月7日)に数種の銘柄を売買しました。

結果を報告しておきたいと思います...


売り:

日産自動車株、1,000株(保有株すべて)を1,143円で。

このブログで過去に書いた通り、昨年の12月〜、長期投資の方針で日産株を買ってきましたが、今年の2月になってカルロス・ゴーン社長の退任が発表され、ニュースとして流れました。

これは、日産のガバナンス(企業統治)の大幅な変更が生じる可能性を意味します。

なので、売却のチャンスを狙っておりました...

3月分の配当も取ったし、平均取得単価よりも上になったしで、いったん全株を処分しました。

もっとも、状況が許せば、再度、日産株に投資する気持ちはあります...


買い:

ユーロ圏大型株50ETF(証券コード:1385)、20口×4,550円

EUが日本と提携したニュース、ユーロ高、などを考慮し、また、7月の配当取りも意識して買いました。

状況によっては買い増すことも検討中です...


ウェッズ(証券コード:7551)

高配当の自動車部品メーカーです。

8月の配当取りと、円安基調が続く場合とを考慮して、500株を661円で購入しました。


以上が金曜日の売買結果です...

日経平均株価は2万円を割り込んだ先週でしたが、個別株を選別し、今後もうまく売り買いしていきたいと思います。






posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

表参道の抹茶cafeへ行ってみた

パンケーキを食べさせるカフェ・カイラさんに行ったとき(5月23日の記事参照)にもらったチラシがコレ...

macha1.jpg


カイラさんが渋谷駅前のモディに移転した後に抹茶カフェ屋さんが出来、そこで100円割引してくれるということでした。

もちろん行ってきました...

こういうお得な話しは逃しませんよ(笑)...

先にお会計を済ませるシステムで、ドリンクセットを注文したところ、100円引きで税込み¥810円でした。

持ち帰りではなく、イートインにします...

席について3〜4分ほどでやって来ました。

ちなみにドリンクはお抹茶にしました。

macha2.jpg

キライな人もいるかとは思いますが、私は好きなんですよね、お茶の苦み...

健康にもいいらしいし...

店には小粋なウォーターサーバーもありました。

macha3.jpg

20日まで、アイスのみを¥500円で提供するキャンペーン中だそうです。

お店のホームページです...
↓↓↓
http://www.matchacafe-maiko.com/omotesando-lp/








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村