2017年09月29日

シェイクスピア作『リチャード三世』を読んで...

ちくま書房から文庫で出ているシェイクスピアの作品『リチャード三世』を読みました。

シェイクスピア全集 (7) リチャード三世 (ちくま文庫) -
シェイクスピア全集 (7) リチャード三世 (ちくま文庫) -

この作品を読むのは初めてでしたが、面白かったです...

シェイクスピアというとお堅いイメージがありますが、そんなことはなく、私が昔読んだ『お気に召すまま』なんかとても面白かった記憶があります。

下ネタあり、権力者に対する風刺やときには批判あり、思わずうならせられる処世訓あり、ドタバタしたコント風のシーンありと、思わず引き込まれると、一気に最後まで読了間違いなしです。

また、ひとつひとつの文章は長くありません...

というのも、もとは劇を演じるための台本だからで、短いセリフの連続によって物語が進んでいきます...

そういう意味でも読みやすい...

ありきたりの読み物に飽きた人にもおススメです。

さて、この『リチャード三世』は稀代の悪党ヨーク公リチャード(のちの国王リチャード三世)が主人公です。

必ずしもすべてが史実ではないそうですが、古典の名作において悪党が主人公であるというのはまず珍しいと思います。

彼は、前国王の三男として生まれ、長男が王位を継いだものの野望を捨てず、次々と政敵(その中には次兄や甥もいる)を葬り去り、ついには国王の座につきます。

しかし最後には、彼にあいそをつかした元味方や、有力な別の王位継承者の挑戦を受け、ついには戦場で死んでいきます。

最後のセリフは、有名な、
馬だ! 馬をよこせ! 代わりに俺の王国をくれてやる、馬!

というもの。

修羅の道を歩んだ男の末路なわけですが、不思議といやらしさはあまりなく、むしろやるだけやった男が最後に年貢の納め時を迎え、それが清算されてスッキリ、という感じでしょうか...

その他にも、思わず膝を打つような心に響く名セリフがたくさん...

例をいくつか挙げると...

王侯貴族が称号を持つのもただ栄光のため、
内なる苦悩と引き換えの外側の栄誉にすぎない。
手応えのない幻影のために
山ほどの不安と心労を抱え込まねばならない。
とすれば、貴族の称号を持つ者と名も無い民との
違いと言えば、上辺の名声の有無だけだ。
(第一幕 第四場 ブラッケンベリー)


世の中の変わり目はいつもそうです。
神に授かった本能で、人の心は
危険が近づいてくるのを察知する。大嵐の前には
海の波が高くなるのが経験で分かるじゃないですか。
だが万事神様にお任せしましょう。
(第二幕 第三場 市民三)


失ったものを美化すれば、失わせた者はより醜く思える。
(第四幕 第四場 マーガレット)



あと、もうひとつ感想を言わせていただくと、この作品が書かれた頃のイギリスは宗教改革がヘンリー八世によって行なわれた直後であって、しかもイギリス国教会はヘンリー八世の政治的意図によって設立されたにすぎず、その教義は改革前のカトリックと変わらないため、作品のなかにカトリック的な思想をバックグラウンドに持つセリフだなと感じるものが多くあること。

すなわち、中世的な信仰が息づいているなと感じる場合が多くありました...

ピューリタン革命や産業革命,そして啓蒙主義的な哲学や政治学をへて近代的に変化したあとのイギリス思想とイギリス人に接している現代の私たちには「イギリス人がこんな風に思ったり、こんなふうに日々の生活にキリスト教の信仰を反映させて生きてるんだ」と思うような、そんな古めかしいというか純朴なイギリス人たちの姿が、本を読んだ後、まぶたを閉じるとありありと浮かんでくるような、そんな感じでした。

そのへんのところも、とても新鮮にも思いました。








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

ウェルネットの株主総会に行って来ました

昨日の昼、有楽町にある「東京国際フォーラム」で行われたウェルネット株式会社の株主総会に行って来ました。

ウェルネット株については、6月16日の記事にて紹介しております。

午後1時から経営者による経営報告会、2時から3時過ぎまで株主総会が開催されました。

私は他に用事があったので、午後1時半くらいから出席しました。

入るとき、ペットボトルの水を1本いただきましたが、その他にはおみやげはありませんでした。

welnet.jpg

今年初めて取得した株なので、初めての出席でしたが、経営者は誠実そうな方だなと思いました。

電子決済サービスが主な事業でして、21世紀になってから伸びてきて、2004年にジャスダック上場、2014年2月に東証二部、同年12月に東証一部に、というようにのし上がってきた成長企業です。

そのくせ、配当性向50%,最低配当金も50円を約束しており、インカムゲインでの株主還元にも積極的...

なかなかいい企業なんじゃないかな、と思っています。

2017年6月期の経常利益は約12億円なんですが、2021年6月期には、これを50億円に伸ばすよう経営目標をたてているようです。

会社ホームページ上の決算説明会資料に載っております。
(昨日、これがプレゼンされました)
↓↓↓
http://www.well-net.jp/ir/library/

もしその通りにいくなら、あと4年で経常利益が4倍化するわけで、東京オリンピックあたりではウハウハかな、と思っています。

まだまだ、”捕らぬ狸の皮算用”ですが...

しばらくの間ホールド、相場が乱高下した際には買い増し、で行きたいと考えています。







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。






posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

遠山の金さん3時間スペシャルを見て

おとといの月曜夜に時代劇『遠山の金さん3時間SP』がTBSで放送されました。

ストーリー展開、カメラワーク、粋で美しい町並みや登場人物の立ち居振る舞い...

たいへん素晴らしかったです...

時代劇が好きだというTOKIOの松岡昌弘さんも熱演でした。

番組ホームページはコチラ...
↓↓↓
http://www.tbs.co.jp/program/toyamanokinshirou_20170925.html

子供の頃、たまーに見ていたこの番組ですが、久しぶりに見ると江戸を舞台にした時代劇の良さを改めて実感します。

私が現在住んでいるのは江戸時代では下町にあたる台東区でして、近くには浅草や両国などがあります。

それらの古き良きスポットを訪れると気分がなごみますし、癒される感じがします。

このブログでも紹介した浅草伝法院(5月5日の記事)や両国界隈(8月23,24日の記事)などです...

また、山の手地区にも、まだまだ江戸情緒の残る地域はあります。

たとえば、薬王院(5月1日の記事)...

私は、また、江戸を舞台にした本を読むのも好きです。

9月16日の記事(『下級武士の食日記』)や8月27日の記事(『江戸はすごい』)など...

そんな数々の江戸の風情や情緒が最近とくに好きになってきたのですが、『遠山の金さん3時間SP』は撮影自体は京都などでも行われたようですが、全体的に、江戸時代と江戸の良いところ(美しい自然・風景、義理人情、庶民の善良さ、町のにぎわいと活気、戦争の危機がないこと、など)がステキに描かれていました...

もちろん当時の実像ではないんでしょうけど、何か今の日本からは失われてしまった大事なものが感じられるというか、心が洗われるというか...

いい思いをさせていただきました...

感謝します、TBSさん...

配役(キャスト)や衣装代,ロケ代などを考えると、テレビ局的には、番組のコストパフォーマンスは必ずしも良くないのだとは推測しますが、それでもこのような素晴らしい番組を特番だとしても制作してくれてありがたいな、と思います...









posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村