2020年03月02日

しゃぶしゃぶ+野菜とデザート食べ放題

昨日、渋谷に行く用事があり、ランチを『しゃぶ葉』さんで摂りました。

ここはコスパの良いランチ食べ放題で有名なお店です。

場所はとても便利なところにあり、渋谷スクランブル交差点に面したビルの9階にあります。

13時過ぎに入店すると満員。しかし、3分ほどの待ち時間で比較的すぐに案内されました。

”三軒豚のしゃぶしゃぶセット(税込み¥1,429円)”をオーダーします。

内容は80分時間制限制で、しゃぶしゃぶ用お肉が1人前と野菜とデザートが食べ放題になっています。ご飯ものもあります。

持ってこられたお肉と1回目に取りに行った結果...

shab_1.jpg

2回目に取りに行った結果...

shab_2.jpg

ご飯はわかめご飯とちらし寿司と白飯があり、私は前2種を食べました。

これと、あと、野菜をもう1回おかわりし、さらに、デザート(フルーツ、アイスクリーム、ワッフル)を食べました。

80分は結構急いで食べたのに制限時間いっぱいいっぱいでした。健康のために野菜とキノコをたくさん摂りたかったので、そこをやっつけるのに必死に食べました。ドリンクバーを取らなくてよかったです。そんなヒマは無かったですから。

あと、タレとかも豊富に種類が用意されていて全部試しきれていないです。

コスパもいいし、立地もいいし、ヘルシーだしと、三拍子揃った優れものの食べ放題でした。

店内も奇麗で過ごしやすく、会計にはPayPayが使え、レシートは「次回8%割引券」になっておりました。

超おススメのお店です。







しゃぶ葉 渋谷駅前店しゃぶしゃぶ / 渋谷駅神泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

福冨健一著『東條英機』を読んで

福冨健一著『東條英機』を読みました。

第二次世界大戦における日本の最高責任者とされる人物の伝記です。

東條英機 天皇を守り通した男 - 福冨 健一
東條英機 天皇を守り通した男 - 福冨 健一

この人物は悪玉というイメージがどうしてもつきまといますし、また擁護しただけで非難されてしまうこともあります。

”東京裁判”と同じくいわばアンタッチャブルな人物で、歴史検証さえも許されないわけです。

しかし少数ながら歴史の真実に迫ろうとする試みはあるわけで、この本がその一つです。

既存のイメージを覆してくれるいろいろなデータを知りうることができる良書でした。

以下、引用しつつ、紹介してみたいと思います。

まず、軍国主義のきっかけとなった二・二六事件ですが、ここでは東條は反対派でした。その結果、満州に左遷されてしまうんです。しかし...

当時、軍内では、憲兵の地位は低く見られていた。東條は予備役編入は免れたものの、憲兵の職は明らかに左遷である。……(中略)…… 彼は、「帝国軍人は、与えられた仕事をまっとうすべし」という信念を持っていた。この信念を満州の憲兵隊員に徹底したのである。皮肉なことに、左遷だったはずの満洲国の憲兵の地位が、東條によって上がってしまうのである。
それまで治安維持は、軍と警察が分離して行っていた。東條はこれを、強引に関東憲兵隊司令官を頂点とする機構に一元化し、満洲国の治安を安定させてしまうのである。


逆境をバネにし、偉大な成果を仕事であげたようです。

そもそも群れを嫌い徒党を組まず、清廉潔白で真っ直ぐな性格だったようです。

開戦責任についても、関係各所と折衝し、必死になって甲乙の両妥協案をまとめ上げ、開戦一色だった軍部や世論を向こうに回して和平の可能性を生み出しています。残念ながら、アメリカ側に妥協する意志が最初から無かったわけですが...

東京裁判でも堂々と連合国側と渡り合い、内容的には勝訴に等しい成果を挙げます。

裁判でのキーナンと東條との戦いに対するアメリカ人弁護人や諸外国の反応は、明らかにキーナンの敗北、東條の勝利であった。


連合国は東條証言について、「日本占領に対する、最大の一撃になってしまった」と受け止め、東條証言が連合国にダメージを与えないよう新聞やラジオ放送を規制し、日本の世論を徹底的にコントロールした。また、イギリスは東條証言を法廷で打ち負かすのは無理であるから、証言を否定する「対日声明」を発表しようと考えた。


また、俗にいう”A級戦犯”という言葉についても注意が必要です。

じつは、一般に東京裁判は「A級裁判」ともいわれるが、A級、いわゆる「平和に対する罪」のみで死刑になった人はいない。実際は、起訴状の「殺人および殺人の共同謀議」「通例の戦争犯罪」で処刑されている。

ということだそうです...

家系は能楽だったということも意外でしたし、戦後に逮捕されて投獄された後は仏教に帰依し、判決後は再審請求も望まずに従容として死出の旅にでた東條氏は、じつに日本的な中間管理職的な人物だったと思います。

逆にいえば、真面目すぎて、あくの強いチャーチルや吉田茂のほうが悪玉に見えるくらいです(笑)。

面白かったのと同時に、政治はやはり善悪やマジメだけでは語れないな、とあらためて実感しました。







posted by スイス鉄道のように at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

”アップルワイン”というものを試してみる

”アップルワイン”というものを試してみました。

スーパー(ライフ)で買い物をしていてふと目に留まったもので、期間限定の安値価格で売っていたから手を伸ばしました。

applewine_0.jpg

applewine_2.jpg

applewine_1.jpg


飲んでみたら、予想通り甘いですね。

寝酒にちょうどいい感じ...

期間限定価格が続くうちにもう2〜3本買いためておこうかな。

”酒”って基本腐らないから、買いためておくにはいちばんいい商品ですよね。

この商品自体は昔からあるものみたいですが、こりゃいいものを見つけたぞ、と思いました。







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

海老名サービスエリア内の”ぽるとがる”さん

昨日の記事に書いた乃木坂のコンサートの件ですが、行きは高速バスで行きました。

その途中、東名の海老名サービスエリアで休憩タイムがあったのですが、そこでパンを買いました。

パン屋さんの名前は『ぽるとがる』さんといいます。

買ったパンは1ヶだけですが、チョコとライ麦のパン(¥220円)でした。

nogisaka_10.jpg


最近、このブログでも頻繁に取り上げておりますが、美味しいパンに凝っています。

パン屋さんの値踏み、品ぞろえの評価、チョイス、そして味わい...

この一連の行為・行動を楽しんでおります。

そして、おいしいパンに出会った場合、その日いちにちが幸せな気分になります。

この日の出会いもステキなものでした。

ライ麦のヘルシーさとチョコのパフォーマンス力が選んだポイントでしたが、バスへ戻ってひと口ひと口噛みしめながら味わうその味は、短くはありますが、至福の”旅”のひとときをもたらしてくれました。







ぽるとがる 海老名SA(下り)店パン / 社家駅厚木駅海老名駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

イベント中止と乃木坂のコンサートに行った件

残念ながら、新型コロナウイルスの流行が拡大しています。

そして、昨日、とうとう安部総理大臣から大型イベントの中止の要請が出てしまいましたね。

Perfume,EXILEなど、芸能関係のコンサートが中止・延期に追い込まれています。




実は、私は、月曜日に名古屋ドームで行われた乃木坂46のコンサートに行っていたんです。

毎年グループ発足日の前後に行われている「バースデーライブ」と言われるもので、その4daysの4日目、つまり千秋楽でした。

2/21〜2/24まで行われたわけですが、なんとか開催に漕ぎつけられて良かった良かったと思います。

あともう少しで開催できず、中止ないし延期に追い込まれていたところ。このグループが”運”に恵まれているとも感じました。

nogisaka_1.jpg

nogisaka_2.jpg


新型コロナウイルスの影響で日経平均も2日連続の大幅な下げ。

実際に心配することが無くとも、風評により、どんどん経済活動が自粛・縮小していけば、これは思わぬ経済低迷につながるかもしれませんね。

なんとか特効薬ないしワクチンの早めの開発、そして流行の鎮静化を祈ります。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村